投資・資産形成

2022年2月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか?

NISAは投資をするならまず始めに活用したい制度の1つです。一定期間/一定額において、投資にかかる税金をなくすことができます。

本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券のつみたてNISAランキングをご紹介していきます。

2022年1月のランキングは以下記事でもご紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

2022年1月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? 本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券で、どのような商品がNISAで購入されているのかご紹介していきます。NISAの活用を検討されている方、活用されている方はぜひ御覧ください。...

2022年2月のNISAランキング

以下に2022年2月におけるSBI証券と楽天証券のNISAランキングを示します。

順位 SBI証券 楽天証券
1 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 楽天・全米株式インデックス・ファンド
3 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
4 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
5 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim先進国株式インデックス
6 SBI・全世界株式インデックス・ファンド 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
7 楽天・全米株式インデックス・ファンド iFreeレバレッジ NASDAQ100
8 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天レバレッジNASDAQ-100
9 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) キャピタル世界株式ファンド
10 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は2月のつみたてNISAの積立設定金額ランキング、楽天証券は2月のNISAの積立設定金額ランキング。

楽天証券のランキングの1位〜8位までは先月と全く同じ商品です。先月のランキングの10位だった「eMAXIS NASDAQ100インデックス」が外れて、「キャピタル世界株式ファンド」が9位に入ってきました。

SBI証券の方もランキングに大きな変動はありません。一方で、先月にはランク外だった「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」が5位にランクインしています。

なお、6位の「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」とほぼ同じ名前ですが少し違う商品です。

ランキング上位商品のご紹介

それでは、2月のランキング上位の銘柄についてご紹介します。

今月はSBI証券の5位にランクインした「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」です。この商品は楽天証券では購入できません。

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」は、2022年1月31日に設定された新しいファンドです。まだ1ヶ月程度の運用ですが、ランキングの上位に入ってきました。

この商品はVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)という米国ETFへ投資するだけの投資信託です。

VTは世界中の株式へ投資するETFで、投資銘柄数はなんと9,350銘柄(2022年1月末時点)にも及びます。純資産総額も約2.9兆円ととんでもない金額が運用されています。

この投資信託の人気の理由は信託報酬の安さで、0.0638%/年程度です。これにVTの経費率である0.07%が加わっても0.1338%/年程度にしかなりません。

一方で、高校中退投資家Toshiの場合はVTを直接購入しています。

【老後資金の確保は完了】VTをひたすら購入し続けた結果をご紹介!VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)という投資商品をご存知でしょうか? 高校中退投資家ToshiはVTへの投資で老後資金の準備を進めてきましたが、最新のVTのリターンや増配率を使用したシミュレーション結果から、すでに5,000万円以上の資産を構築できる可能性が明らかになりました。ひたすらVTへ投資するという誰でもできる投資手法です。老後が不安な方、VTへの投資を検討されている方はぜひご覧ください。...

VTを直接購入するメリットはあるものの、ドルへの両替や分配金の再投資など面倒な点もあります。それをたった0.0638%/年の経費を払うだけでやってくるのですから、人気がある理由が分かります。

投資銘柄

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」の構成銘柄を下表に示します。

投資先は全世界と言いながら、9位の台湾の企業以外は米国企業が上位を独占しています。したがって、S&P500へ投資するVOOなどと投資先上位はほぼ同じです。

しかし、投資する銘柄数が9,000銘柄以上あることもあり、各銘柄の投資割合は低くなっています。

順位 銘柄 構成比
1 Apple Inc. 米国 3.60%
2 Microsoft Corp. 米国 3.10%
3 Alphabet Inc. 米国 2.10%
4 Amazon.com Inc. 米国 1.70%
5 Tesla Inc. 米国 1.00%
6 Meta Platforms Inc. 米国 1.00%
7 NVIDIA Corp. 米国 0.80%
8 Berkshire Hathaway Inc. 米国 0.80%
9 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. 台湾 0.70%
10 Johnson & Johnson 米国 0.60%

注: 2022年1月末時点のデータ

投資国

構成比を見るとほぼ米国へ投資していることが分かります。全世界が投資先であるものの、約6割がアメリカへの投資です。2位の日本は6%程度しかありません。

順位 投資国 構成比
1 アメリカ 59.3%
2 日本 6.2%
3 イギリス 4.0%
4 中国 3.5%
5 カナダ 3.0%
6 フランス 2.6%
7 スイス 2.4%
8 ドイツ 2.2%
9 台湾 2.0%
10 オーストラリア 1.8%

注: 2022年1月末時点のデータ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事ではNISAで購入されている投資信託のランキングをご紹介しました。また、SBI証券のランキングの5位にランクインした「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」の詳細についてご紹介しました。

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」はVTという全世界の株式を保有するETFへ投資する商品です。運用実績が短いですが、全世界の株式を低い経費率で保有できる魅力のある商品です。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA