投資・資産形成

【証券口座の選び方】海外転勤がある場合は楽天証券がお勧め!

海外転勤や海外移住した場合に、日本の証券会社で保有する株式等はどうなるのでしょうか?

グローバル化に伴い海外転勤の可能性がある会社にお勤めの方も多いと思います。また、私のように将来一時的に海外に住んでみたいと考えている人もいるかもしれません。

一方で、日本の証券会社や銀行は、日本に住んでいない「非居住者」になると「口座を閉めろ」と言うことが多いのです。

そこで本記事では、主要ネット証券各社の海外転勤時の取り扱いについてまとめました。海外転勤の可能性がある方は、「楽天証券」へ口座開設しておくことをお勧めします。

海外転勤が決まると保有する株式等はどうなるのか?

主要ネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券の非居住者の取り扱いについて確認していきたいと思います。

簡単に整理すると以下の通りです。

  • 非居住者になると基本的な取引はできない
  • 3社とも休眠口座として保有することは可能
  • マネックス証券では海外株式を出国前に売却しなければいけない

日本の「非居住者」になると基本的には日本の証券会社で株の売買ができません。

ただし、一時的に「非居住者」になるのであれば、帰国するまで株式等をそのまま保有することは可能です。

以下では、各証券会社の対応について詳細に確認していきたいと思います。

SBI証券

SBI証券のホームページに記載されている通り、海外転勤時も口座を保持して投資商品を保有し続けることは可能です。

  当社に証券総合口座をお持ちのお客様が、海外勤務等の理由により一時的に出国「(本邦)非居住者」される場合、出国後のお取引については制限がございますが、原則、帰国されるまでの間も当社の証券総合口座(お客様名義)にて有価証券等をお預けいただくことが可能です。

出典:SBI証券よくあるご質問より

一方で、帰国した際に「特定口座やNISA口座」へ戻すことができるかどうかは記載されていません。

帰国後に「特定口座」へ戻すことができるのかは重要です。仮に一般口座になってしまうと、源泉徴収されないので税金の計算などを全て自分で対応する必要があります。これらは非常に手間のかかる作業です。

SBI証券ユーザーは出国時に特定口座で保有していた商品が、帰国後に「特定口座に戻すことができるかどうか」を出国前に必ず確認すべきです。

楽天証券

SBI証券同様に、楽天証券でも口座の維持は可能です。楽天証券ではSBI証券よりも具体的に対応が記載されています。

海外出国中の口座制限

内容 出国中の状態
当社ウェブページへのログイン 可能
お取引 出国中は売買ともに不可
入出金 登録された出金先金融機関への出金のみ可能
NISA・つみたてNISA口座の継続利用 出国前のお手続きにより可能
ジュニアNISA口座の継続利用 制度上、継続利用不可
NISAロールオーバの申込み 不可
特定口座の継続利用 出国前のお手続きにより可能
海外居住地での税制対応 不可

出典:楽天証券HP

楽天証券では明確に、「NISAやつみたてNISAの継続利用」、「特定口座の継続利用」が出国前の手続きにより可能と記載されています。

また、登録された出金先金融機関に対して入出金が可能というのもポイントです。配当金などを特定の金融機関へ移動させることができるなら、家族が日本にいる方にとっては大きなメリットでしょう。

マネックス証券

マネックス証券は3社の中で一番厳しい対応方針です。

所定の手続きをすれば休眠口座として口座を維持できるものの、外国商品は出国前に売却する必要があります

  • 外国商品や信用建玉などを保有されている場合は、出国前に売却・決済していただくようお願いいたします。
  • 特定口座や非課税口座(NISA)は国内居住者が利用できる制度のため、廃止させていただきます。

出典:マネックス証券HP

株式の大半が米国ETFの私にとって、マネックス証券に株を預けて海外へ行くことはできません。出国の際に全て売却しなければいけないからです。

また、特定口座やNISA口座は廃止が必要と記載されています。楽天証券ではNISA口座は「所定の手続き」をすることで継続できると明記されています。なぜマネックス証券ではできないのかよく分かりません。

日本株や投資信託のみの方であれば問題ありませんが、外国株を保有されている方はマネックス証券ではダメです。

海外転勤時にどうすればよいのか?

楽天証券で株式等を保有し続ける

結論として海外転勤などの可能性がある人は楽天証券に口座を開設しておくべきです。特定口座やNISA口座の維持が明記されているからです。

そうは言っても私のようにSBI証券など他の証券会社をメインに使っている人もいると思います。そのような場合は「株式移管」という手があります。

下記記事でもご紹介しましたが、SBI証券から楽天証券への株式の移動は無料です。日本株の移管手続きをしたことがありますが非常に簡単でした。

株式移管の手続きはめちゃくちゃ簡単(SBI証券と楽天証券)SBI証券、楽天証券の2つの証券会社をメインに投資をされている方が多いのではないでしょうか。本記事では株式移管の手続き方法について経験を交えてご紹介します。移管手続きに興味がある方やどちらかの証券会社へ株式を集約したい方は必見です。...

問題はマネックス証券です。マネックス証券の場合は外国株の移管は1銘柄につき3,000円の手数料がかかります。

しかし、売却したくない人は手数料を支払ってでも楽天証券へ移管するしか選択肢はありません。

また、投資信託に関しては各社ともに移管手続きに手数料がかかります。手数料は銘柄数で決まるので、なるべく銘柄は絞っておくのがよいでしょう。

海外の証券口座や銀行口座を開設

もう1つ考えておきたいのが、海外の証券口座や銀行口座を開設して投資を継続する方法です。

下記記事でご紹介しましたが、私の場合はHSBC香港に銀行口座を保有しています。

HSBC香港口座開設体験記(事前準備編)「海外で銀行口座を開設することは可能でしょうか?」近年はマネーロンダリングの関係もあり、その国に住んでいない「非居住者」が銀行口座を開設することは難しくなっています。本記事では、高校中退投資家Toshiが、数年前にHSBC香港に銀行口座を開設した体験談についてご紹介します。海外での銀行口座の開設に興味がある方は、是非ご覧ください。...

海外の銀行や証券会社であれば、非居住者であっても投資ができる可能性があります。

海外口座を管理するのは手間がかかりますが、海外赴任中も投資を継続したいという気持ちがあるのなら、海外の銀行や証券会社を活用するのも手でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外転勤や海外移住時は、日本の証券口座での取引は基本的に制限されます。株の取引はできませんが、楽天証券であればNISA口座や特定口座の継続も含めて維持が可能です。

一定期間海外へ住むことが予想される方や検討されている方は、楽天証券で資産運用するのがよいでしょう。

現在SBI証券やマネックス証券で運用されている方は、海外赴任が決まったら楽天証券への移管手続きを検討するのがよいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

海外転勤や海外セミリタイアする際の銀行口座の取り扱いについては下記記事でご紹介しています。

【住信SBIネット銀行 & 楽天銀行はダメ】海外転勤/海外セミリタイア時の銀行口座の取り扱い!海外転勤や海外セミリタイアで「非居住者」になると、日本の銀行口座はどうなるのでしょうか。高校中退投資家ToshiはSBI証券や楽天証券と相性のよい、「住信SBIネット銀行」、「楽天銀行」を利用しています。本記事では、主要ネット銀行とメガバンクの「非居住者」の銀行口座の取り扱いについてご紹介します。将来的に「非居住者」になる可能性がある方は、ぜひご覧ください。...

POSTED COMMENT

  1. あんじぇろ より:

    初めまして、直近で海外駐在の予定があるので、記事勉強になりました。

    もし差支えなければお伺いしたいのですが、投資信託や株式をSBI証券→楽天証券に移管した場合、取得価格はどうなるのでしょうか。本記事を拝見して、メインで使っているSBIで保有しているファンドを楽天証券へ移管すること考えましたが、現在ある程度の含み益が出ているので、気になりました。

    また、帰国して楽天証券の特定口座が復活した場合の取得価格についても併せてご教示いただけると幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • dropoutinvestor より:

      ご質問ありがとうございます!

      特定口座の場合、SBI証券から楽天証券に移管しても、SBI証券の取得単価がそのまま楽天証券に引き継がれます。
      したがって、移管することで税金面で損することはありません。

      また、海外から帰国された際も取得単価に変更はないとの理解で良いと思います。
      海外駐在の間も特定口座は維持されますので、取得単価に変更が生じる要因はないと理解しています。

      ただし、私はSBI証券→楽天証券へ移管した経験はありますが、海外駐在した経験はありません。帰国時の回答はあくまで参考程度にしていただければ幸いです。

  2. あんじぇろ より:

    dropoutinvestor さま

    ご回答いただきありがとうございます。
    こうした情報は貴重なので、大変参考になります。
    帰国の際の状況については、
    機会があったら楽天証券に確認してみます。

    もう一つ、こちらは注意点といいますか、
    ブログのネタにでもしていただければと思いますが、
    楽天証券の場合、

    ①つみたてNISA,NISAは維持できるが、
    ②投資信託の分配金を「再投資する」に選択している場合、買い付けが発生するので保有できず、分配金コースを「受取型」へ変更する必要があるが、
    ③NISAで保有されている投資信託は、分配金コースの変更ができないため、課税口座へ振替後に分配金コースを「受取型」へ変更する必要がある、

    という説明になっています。

    私もそうですが、ほとんどの方、特に投資を始めた初心者は、楽天VTIなど、分配金が出ない投信についても分配金を「再投資する」ように選択していると思うのですが、そうすると、分配金のコースの変更ができないので、
    せっかくコツコツ買い付けてきたNISAやつみたてnisaを、一度課税口座に移す必要があり、節税メリットがなくなってしまいます。

    再度nisa口座に戻してもらえるとは考えにくいので、私は当月でつみたてnisaのつみたてをやめて、分配金を「受取」にできるよう、今までとは別の投信を買い付けていくことを考えています。分配金が出ない投信であれば当該選択をしてもあまり問題はないと思いますが、こうした点、今までつみたてをしてきた初心者が割を食うのはいかがなものか、と感じました。

    • dropoutinvestor より:

      あんじぇろ様

      投資信託の取り扱いについて情報をありがとうございます。
      確かにつみたてNISAを活用されている方にとっては不利な内容ですね。

      実は数年前までは楽天証券は海外転勤時の口座維持は不可という回答でした。
      各証券会社の対応は毎年のように更新されていますので、今後改善されていくことを期待したいと思います。

      何か新しい情報が得られましたら、本ブログでもアップデートしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA