高校中退投資家Toshiの投資方針

高校中退投資家Toshiは、投資方針を下記3つのステージに分けて考えています。当初は老後の資産形成のために投資を始めたのですが、今では一定の配当金を確保して、セミリタイアを目指すところまで来ました。

2018年に第1ステージを達成し、現在は第2ステージにいます。

高校中退投資家 配当金生活への道

第1ステージ:老後の資産形成

第2ステージ:セミリタイア準備(経済的自由の達成)

第3ステージ:海外資産構築、海外セミリタイア準備

第1ステージ:老後の資産形成(達成済み)

目標:老後資金として2,000万円の資産を構築

投資方針:世界分散型の株式ETFへの投資、確定拠出年金の活用

株価指数などの値動きと連動した運用成果を目指す「インデックス投資」が私の投資スタイルの中心です。将来的にどの国の株価が上昇するかを当てることは困難です。そのため、世界中の株式へ分散投資する商品を購入しています。

具体的には、バンガード社のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)という商品を毎週数株ずつ定期買付して、老後の資産として2,000万円を目指しています。

【540万円で解決】VTへの投資で2,000万円問題を検討!皆さんは老後の生活資金の準備を計画的にされているでしょうか。人生100年時代において、老後資金の確保は重要なテーマです。本記事では、米国ETFとして人気のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)への投資を通じて老後資金の確保をシミュレーションしました。老後資金の準備を進めている方は必見です。...

また、セミリタイアすると厚生年金から外れて老後に受け取る年金が減るため、企業型確定拠出年金も活用しています。

【少額積立で十分!】確定拠出年金の評価額が100万円を突破!高校中退投資家Toshiが勤める会社では、確定拠出年金(企業型)が導入されています。 確定拠出年金に申し込むと、毎月の給料から天引きされて拠出されます。本記事では高校中退投資家Toshiの確定拠出年金の運用実績についてご紹介します。少額の積立でも老後資金としては十分ですので、ぜひ有効に活用していただければ幸いです。...

2021年11月にVTの評価額が2,000万円を突破しました。今後老後まで30年間放置した場合、年率3〜4%/年でも5,000万円程度まで達する見込みです。老後の心配は全くなくなりました

VTの評価額がついに2,000万円を突破!VT(バンガード・トータル・ワールドストックETF)という全世界の株式に投資可能な商品をご存知でしょうか?高校中退投資家ToshiはこのVTへの投資で老後資金の準備をしてきました。最近の株高と円安によって、老後資金の目標にしていた2,000万円に一気に到達しました。本記事ではVTの評価額が2,000万円に達した詳細についてご紹介していきます。VTへ投資されている方、投資を検討されている方は必見です。...

第2ステージ:セミリタイア準備(経済的自由の達成)→現在ここ

目標:月10万円の配当金を得る

投資方針:高配当株ETFへの投資

米国高配当株ETFへの投資を中心に月10万円の配当金を受け取る状況を目指します。経済的自由を達成して、いつでもサラリーマンから脱出できる体制を作ります。

仕事の関係で都市圏に住んでいますが、現在の私の生活費は月13万円程度です。

【優良アプリ】家計簿アプリマネーフォワードMEで支出を把握「皆さんは毎月どの程度の支出があるか把握されているでしょうか?」 お金持ちになる第一歩は毎月の支出を正確に把握することです。しかし...

セミリタイア後は地方への移住を検討しており、家賃も下がる見込みです。配当金に加えて簡単な労働で月数万円程度稼げば、月10万円の配当金があれば元本を売却しなくても生活し続けることが可能です。

具体的には、NISA口座を活用して米国高配当株ETFであるSPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETFVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)を購入していきます。

今後はアメリカへの集中投資を避けるため、日本の高配当株へも投資対象を広げていく予定です。

第3ステージ:海外資産構築、海外セミリタイア準備

目標:海外セミリタイア生活のための海外資産を構築

投資方針:海外不動産や海外銀行での資産運用

海外資産の構築を行い、海外セミリタイア生活の基盤を作ります。

私は海外での生活について興味を持っており、将来的には海外と日本を行き来しながらセミリタイア生活を送りたいと考えています。様々な国へ行き、その国の文化や考えを学びたいのです。

第2ステージと同時並行で実施していくことになりますが、海外投資の窓口となる海外銀行口座の開設やビザ取得などについて準備を進めていきます。海外不動産などへの投資も含めて日々勉強しています。

なお、下記記事でご紹介しているように、海外の銀行口座の開設などについて、着々と準備を進めています。

HSBC香港口座開設体験記(事前準備編)「海外で銀行口座を開設することは可能でしょうか?」近年はマネーロンダリングの関係もあり、その国に住んでいない「非居住者」が銀行口座を開設することは難しくなっています。本記事では、高校中退投資家Toshiが、数年前にHSBC香港に銀行口座を開設した体験談についてご紹介します。海外での銀行口座の開設に興味がある方は、是非ご覧ください。...