投資・資産形成

【540万円で解決】VTへの投資で2,000万円問題を検討!

皆さんは老後資金の準備を計画的にされていますでしょうか。

2019年には、老後資金2,000万円問題が話題になりました。老後の生活資金が公的年金だけでは足りず、2,000万円程度不足する可能性があるというものです。

高校中退投資Toshiは、老後資金の確保を目的に、VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)という全世界の株式を投資対象にする商品を購入しています。

本記事では、このVTへの投資で老後資産の確保、つまり2,000万円を確保するためにどの程度の投資資金が必要なのかシミュレーションしました。

30歳時点で「540万円」の投資ができれば、老後資金の準備は全く問題ないでしょう。

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)とは?

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の主な特徴を下表にまとめます。

VTの特徴

  • 信頼のバンガード社が運用
  • VTだけで世界中の株式を保有可能
  • 投資対象は50%以上がアメリカ

信頼のバンガード社が運用

VTは世界の3大資産運用会社であるバンガード社が運用する商品で、安心して長期保有ができます。

バンガード社の運用総資産は5兆米ドル以上(1ドル110円の計算で550兆円以上)ととてつもない金額を運用しています。

イメージが湧かない方もいるかもしれませんが、世界第一位のアメリカの国家予算が5兆ドル弱です。バンガード社は各国の国家予算を超える規模のお金が運用しているのです。

VT単独での運用総額でも2020年5月末で約13,000百万ドル(1.4兆円)にも及びます。日本の投資信託の純資産総額ランキングとの比較でも堂々の1位になる金額です。

当然お金が集まらない商品は途中で運用を停止してしまう可能性があります。VTは運用が途中で終了する可能性が極めて低く、老後まで安心して保有できる商品と言えます。

世界中の株式を保有可能

VTは世界中の株式8,800銘柄以上で構成される商品であるため、VTを購入するだけで、世界中の株式を幅広く保有することが可能です。

個人投資家が8,800銘柄もの株式を保有することはほぼ不可能です。株式の管理が非常に煩雑になりますし、仮に1銘柄1万円だとしても、8,800万円の資金が必要になるからです。

これだけ多くの銘柄に分散投資してくれるにもかかわらず、投資家が支払う経費はたった年率0.08%です。仮に100万円投資した場合、たった800円/年支払うだけでよいのです。

手軽に世界中の株式に投資できるVTは、世界分散投資を好む投資家にとって非常に魅力的な商品です。

投資対象は50%以上がアメリカ

VTは8,800銘柄以上で構成されていますが、上位10社で運用額の10%以上を占めます。

2020年4月時点の上位10社のリストを示します。アメリカの企業が多く、実際には世界最大の経済大国であるアメリカへ50%以上を投資していることになります。

順位 銘柄 比率
1 Microsoft Corp. アメリカ 2.6%
2 Apple Inc. アメリカ 2.3%
3 Amazon.com Inc. アメリカ 1.8%
4 Facebook Inc. アメリカ 0.9%
5 Alphabet Inc. Class C アメリカ 0.8%
6 Johnson & Johnson アメリカ 0.8%
7 Alibaba Group Holding Ltd. 中国 0.7%
8 Alphabet Inc. Class A アメリカ 0.7%
9 Nestle SA スイス 0.6%
10 Tencent Holdings Ltd. 中国 0.6%

もちろん、どこかの国で時価総額(株価×発行済株数)が大きな企業が出てくれば順位は入れ替わります。銘柄の入れ替えについても四半期ごとに自動で対応してくれます。

VTの購入方法

VTを購入するには大きく分けて2つの方法があります。

  • 楽天バンガード投資信託を購入
  • アメリカ市場でVTを直接購入

楽天バンガード投資信託を購入

楽天・全世界株式インデックス・ファンドという投資信託を購入する方法です。

この商品は投資家から集めたお金を用いて、ひたすらVTだけへ投資する商品です。通常アメリカ株を購入するには、買付手数料がかかったり、円をドルへ交換する作業が必要になります。そういった作業を個人投資家に変わり全て対応してくれます。

また、投資信託の場合は、数百円から投資が可能である点も魅力的です。定額での買付が可能であるため、積立投資とも相性がよいでしょう。

経費率が0.212%/年で、VTを直接購入する場合と比較して高くなるのが難点ですが、上記の手続きを自動で対応してくれますので、許せる範囲ではないでしょうか。

アメリカ市場でVTを直接購入

もう1つの方法がアメリカ市場で直接VTを購入する方法です。

定額での購入はできず株数を指定しての取引になります。VTの株価を考えれば、1回の購入に最低でも約1万円近い投資資金が必要になります。

ただし、普通の株式と同様に指値(金額を指定)で購入ができます。また、四半期ごとに配当金を受け取ることもできます。

なお、SBI証券や楽天証券といったネット証券大手ではVTの買い付け手数料が無料です。

VTの株価推移

VTは2008年に誕生した商品ですが、設定当初の50ドル/株から77.46ドル(2020年6月5日時点)まで株価が上昇しました。

12年間で1.5倍以上の株価へと成長しており、年率に換算すると「3.8%/年」の上昇です。

途中リーマンショックを経験していますし、最近のコロナショックで下げていたことを考えれば悪くない結果ではないでしょうか。

コロナショック以前を振り返れば、最高値として83ドルまで到達しています。

VTの配当金

VTは配当金を四半期ごとに出します。下表に過去の配当金の推移を示します。

2011年から2019年の間に配当金は2倍近くまで増加しています。

年率に換算するとなんと「8.3%/年」の増配です。もちろんコロナの影響で今年は減配が予想されますが、長期的な視点でみれば、配当金も徐々に増えていくと考えてよいでしょう。

VT540万円で老後2,000万円問題は解決!

VTを540万円購入するだけで、老後の2,000万円問題は解決します。以下では過去のVTの株価や配当金の推移をもとに、検討結果についてご説明していきます。

VTの年代別必要株数

65歳時点で2,000万円を確保するために必要な株数をシミュレーションします。株価は過去の推移から3.8%/年で上昇し続けると仮定します。

年齢 必要投資額 必要株数
30 5,410,000円 642
35 6,530,000円 774
40 7,870,000円 933
45 9,480,000円 1,124
50 11,420,000円 1,354
55 13,770,000円 1,632

(注)1ドル109円と仮定。2020年6月5日時点の株価を使用。

30歳時点でVTへ540万円の投資ができれば、後はひたすら放置しておくだけで2,000万円問題を解決できる計算です。

2,000万円問題の計算根拠は、月5.5万円(年66万円)の赤字から算出されています。

2,000万円の3.8%は約76万円です。VTが3.8%/年で株価が上昇していくのなら、65歳以降に毎年66万円を取り崩しても元本は増え続ける計算になります。

配当金も大きく増える可能性を秘めている!

VTは株価の上昇だけでなく、ある程度の配当金も期待できる商品です。過去のVTの配当金の増配率(8.3%/年)から配当金の推移もシミュレーションします。

(注)税引き後配当金は米国10%、日本20.315%の税金を差し引いた金額

30歳時点で642株を保有する人は、65歳時点で「年間150万円もの配当金がもらえる計算です。

どの年代においても、配当金だけで年66万円の不足分はほぼ賄える計算になりました。元本を取り崩すことなく配当金で老後資金を補填可能です。

ただし、リーマンショック後の期間を含んでいますので、増配率が大きすぎる可能性もあります。増配率を5%まで下げた場合も計算してみます。

増配率を5%にした場合のシミュレーションでも、配当金だけで月3万円を以上を得ることができます。

配当金だけで老後資金を賄うのは無理ですが、元本の値上がりと合わせて考えれば、老後に必要な資産としては十分すぎるくらいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

税金や為替の影響など色々と考慮すべき点はありますが、30歳時点で約540万円のVTを購入し、後は放置するだけで老後の準備は問題ないとの結果がでました。

540万円はすぐにたまる金額ではありませんが、大卒22歳から働き始めて、月5.7万円の買い付けを8年間続ければ540万円の投資を達成できます。

2,000万円問題の計算根拠は夫婦2人をモデルにしています。パートナーがいる方であれば、月3万円ずつ投資すればよいのです。

たとえ30歳時点で540万円の投資ができなかったとしても、積立を継続して、各年代での必要株数を目指しましょう。

以上ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA