配当金

【配当金記録】高校中退投資家TOSHIの2021年12月配当金実績

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

本記事では高校中退投資家Toshiの2021年12月の配当金実績をご紹介します。

高校中退投資家Toshiは投資歴約5年の平凡なサラリーマンです。そんな私は全世界の株式へ投資するVTや米国の高配当株へ投資するHDV、SPYD、VYMと言った商品へコツコツ投資をしています。

VT:世界中の株式約9,300銘柄で構成

HDV:財務健全性が高い米国企業約75社へ投資

SPYD:S&P500で配当利回りの高い上位約80銘柄へ投資

VYM:米国の高配当銘柄約410社へ広く分散

高校中退投資家の2021年12月の配当金記録

2021年12月に受け取った配当金は、「合計155,770円(税引後)」でした。

2020年12月に受け取った配当金は「116,843円」です。したがって、昨年同時期から4万円近くも増額となりました。

銘柄 配当金(税引後)
VT 103,269円
HDV 6,324円
SPYD 4,129円
VYM 19,744円
その他 22,304円
合計 155,770円

12月は米国ETFの配当月ですが、他の月に比べて配当が高い傾向にあります。特に今回は昨年から大きく増配したVTやVYMが牽引しました。

その結果、受け取った配当金は15万円以上と単月で過去最高を記録しています。高校中退投資家Toshiの生活費は13万円/月〜14万円/月程度です。

12月だけで考えれば、配当金だけで生活ができてしまいます。

12月の配当金の経年変化

投資を始めてから現在までの12月の配当金推移を下図に示します。

12月の配当金推移(2021年)投資を始めた2017年は個別株を購入していたため、12月に多少の配当金を受け取りました。

2018年からは米国ETFであるVTを購入するスタイルへ変更しました。ただし、配当金の受け取りが翌年1月になったため、2018年の配当金は0円となっています。

その後はVTに加えて米国高配当株ETFをコツコツと購入しています。その結果、2018年以降は右肩上がりに配当金が増えています

所感

2021年12月は15万円以上の配当金を受け取ることができました。

単月で受け取る配当金の過去最高を記録し、単月なら配当金だけで生活できるレベルまで到達しました。12月は会社からのボーナスもありましたが、やはり会社以外からもらう配当金は格別です。

今月はVTからの配当金が10万円を超えています。VTは配当利回りが米国高配当株ETFと比較して低いものの、それでも毎年のように増配しています。

VTやVYM、SPYDなどの優良銘柄にコツコツ投資することで、配当金をどんどん増やしていくことが可能です。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA