配当金

2022年6月の米国高配当株ETFの配当金スケジュール!

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

今年もあっという間に約半年が経過しました。来月6月は待ちに待った米国高配当株ETFの分配金がある月です。

HDV、SPYD、VYMなどの米国高配当株ETFへ投資されている方は、分配金の発表が待ちきれないでしょう。

本記事ではHDV、SPYD、VYMの3商品について、2022年6月の分配金スケジュールをご紹介していきます。

米国高配当株ETFの特徴

HDV:財務健全性が高い米国企業約75社へ投資

SPYD:S&P500で配当利回りの高い上位約80銘柄へ投資

VYM:米国の高配当銘柄約440社へ広く分散

米国高配当株ETFの配当金はいつ発表されるのか?

米国高配当株ETFで人気があるのがHDV、SPYD、VYMの3つの商品です。

これらの高配当株ETFは毎年のように増配しています。長期間保有することでどんどん分配金が増えていくので、分配金の発表を楽しみにされている方も多いでしょう。

下表に2022年6月の分配金スケジュールを示します。

Ex-date Record date Payable date
HDV 6月9日 6月10日 6月15日
SPYD 6月17日 6月21日 6月23日
VYM 6月21日 6月22日 6月24日

Ex-date、Record date、Payable dateの意味は以下の通りです。

  • Ex-date:権利落ち日
  • Record date:権利確定日
  • Payable date:配当金の支払い開始日

米国高配当株ETFから分配金を受け取るためには「Ex-date:権利落ち日」の前営業日までの買付が必要です。

しかし、長期保有を前提に米国高配当株ETFを保有されている方は「権利落ち日」を気にする必要はないでしょう。

配当金の支払いはいつ頃?

それではいつ頃6月の配当金が振り込まれるのでしょうか?

これは「Payable date(配当金の支払い開始日)」が重要になります。

米国高配当株ETFのPayable date

  • HDV:6月15日
  • SPYD:6月23日
  • VYM:6月24日

高校中退投資家は主にSBI証券を利用していますが、分配金は基本的に「Payable date」の翌日(土日、祝日がない場合)に入金されます。

したがって、HDVは16日頃、SPYDは24日頃、VYMは27日頃の入金になる可能性が高いでしょう。

配当金の金額はいつ頃発表されるのか?

一刻も早く分配金の金額を知りたい方が気にするのが、「いつ頃分配金が発表されるか」という点です。

配当金の発表は英語で「Declared Date」、「Declaration Date」、「Announcement Date」などと言われます。

過去の傾向を見ると「Ex-date:権利落ち日」の数営業日前のことが多いです。

Ex-dateが一番早いのはHDVです。HDVは6月上旬に分配金の金額が判明するでしょう。

過去の米国高配当株ETFの分配金推移は?

2021年と2022年のHDV、SPYD、VYMの分配金推移を下表に示します。

3月 6月 9月 12月 合計
HDV 2021 0.8821 0.8103 0.7641 1.0515 3.5080
2022 0.7698
SPYD 2021 0.6362 0.3989 0.3866 0.1276 1.5493
2022 0.6527
VYM 2021 0.6564 0.7523 0.7488 0.9386 3.0961
2022 0.6622

注:分配金の単位はドル/株。

2022年3月はSPYDとVYMは前年同時期を超える分配金でした。HDVは減配となってしまいましたので、6月は巻き返しを期待したいところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

米国高配当株ETFであるHDV、SPYD、VYMの2022年6月の分配金スケジュールをご紹介しました。

先陣を切るのはHDVで6月上旬には分配金が発表されます。3月は減配でしたから6月は増配を期待したいところです。6月の分配金の発表を楽しみに待っていましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA