配当金

【配当金速報】HDVの2021年3月の配当金

米国高配当株ETFのHDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)の配当金が待ち遠しくありませんか?

HDVは基本的に年4回(3月、6月、9月、12月)配当金を出しますが、本日2021年3月の配当金が公表されました。

そこで本記事では、HDVの2021年3月の配当金を速報するとともに、過去の配当金の推移とも比較していきます。

コロナ禍にもかかわらず2020年は前年との比較で10%以上の増配でした。2021年もこの傾向をキープできるでしょうか。

HDVの特徴

  • 財務健全性が高い米国企業約75社へ投資
  • 4%程度の高い配当利回り
  • 配当だけでなく値上がり益も狙える

HDVの2021年3月の配当金

2021年3月のHDVの配当金は、「0.8821ドル/株」でした。

2020年の同時期の配当金(0.9144ドル/株)との比較で約3.5%減です。昨年とほぼ同水準の結果となりました。

コロナの影響が完全に収まっていない状況を考えれば、まずまずの配当金と言ってよいのではないでしょうか。

過去の配当金との比較

下図に過去の年間配当金の推移を示します。2011年の設定以来、減配を記録したのは2016年だけです。この10年間は概ね右肩上がりに配当金を増加させてきました。

次に過去の各月ベースでの配当金推移を確認しましょう。

2020年3月と比較すると2021年は減配となりましたが、それでも3月の中では過去2番目に高い配当金です。

HDVの場合は3月、6月、9月、12月の間で配当金に大きな差は見られません。6月や9月の配当金が昨年度を上回ってくれば、年間配当金でも2020年を超える可能性は十分にあるでしょう。

所感

残念ながら、HDVの2021年3月の配当金は昨年を超えることができませんでした。ただし、減配はたった3.5%程度ですから、今後挽回することも十分に考えられます。

HDVはSPYDよりは配当利回りが低いものの、過去10年間に渡り安定的に増配している優良ETFです。みなさんもHDVへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

HDVの詳細については下記記事でもご紹介しております。

配当金生活にお勧めな米国高配当ETF! HDVの魅力を紹介HDVという米国高配当ETFをご存知でしょうか? HDVは今回の暴落でも配当金が増配されており、配当金生活にお勧めできる商品です。本記事では、HDVの特徴や魅力についてご紹介していきます。米国高配当株への投資を検討されている方や配当金生活を目指している方は必見です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA