投資・資産形成

投資をしないなんて大損?投資にはメリットがいっぱい!

「投資なんてギャンブルだ!」、「投資は怖いものだ!」とお考えではありませんか?

実は投資を始めることには多くのメリットがあります。高校中退投資家Toshiは投資歴約5年になりますが、心から投資を始めてよかったと感じています。

本記事では約5年の投資生活を振り返って、投資を始めたメリットやよかったことをご紹介します。

特に少額からコツコツ積立投資をするのであれば、リスクを抑えた上で投資をスタートできます。怖がらずに投資への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

投資を始めるメリットとは?

投資なんかせずにお金はどんどん使った方がよい」という意見があるのも事実です。

人はいつ死ぬか分かりませんし、若いうちに得た経験と歳をとって得た経験では大きく違うからです。

一方で、投資を始めたことで多くのことを学べたのも事実です。また、考え方や生き方についても考えさせられました。

ここでは、高校中退投資家が考える投資を始めるメリットについてご紹介していきます。

高校中退投資家Toshiが考える投資を始めるメリット!

  1. お金の使い方がうまくなった
  2. 社会の仕組みを理解できた
  3. 経済など社会情勢に詳しくなった
  4. お金に対する不安が和らいだ

1. お金の使い方がうまくなった

投資を始めたことで、お金に対する考え方が大きく変わりました。その結果、お金の使い方がうまくなりました。

投資を始める前は、周りの目を気にして高価なものを購入することがありました。なんとなくこのブランドがよいみたいな感じで高いお金を払っていることが多々あったのです。

しかし、今では自分にとって価値があるものかよく考えてから購入するようになりました。

なぜなら、そのお金を投資に回せばお金を増やすことができることを学んだからです。

また、節約して種銭を確保する過程で、Amazonプライムだったり、楽天のサービスだったり、安くて価値があるサービスを徹底活用するようになりました。

昔に比べてより合理的にお金を使えるようになったと考えています。

2. 社会の仕組みを理解できた

投資を始めたことで「社会の仕組み」を理解することができました。

例えば、「税金の仕組み」です。

投資の譲渡益や配当金にかかる税率などは、投資を始める前には全く知りませんでした。また、知らず知らずのうちに、総合課税や分離課税など所得税全般についても詳しくなりました。

投資をせずに会社員だけの生活をしていたら、ここまで詳しくなることはなかったでしょう。なぜなら、毎年会社が税金の手続きをしてくれるからです。

また、投資を始めて簿記を勉強したことにより、財務諸表をチェックするようになりました。こういった勉強を通じて、株式会社がどのような仕組みで成り立っているのか理解できたことも良い点です。

投資をすることで、社会人、ビジネスマンとしての基礎知識を習得できました。

3. 経済など社会情勢に詳しくなった

世界情勢や経済に関わる情報に非常に敏感になりました。

投資を始める前はニューヨークダウや日経平均が上がろうが下がろうが特に自分へ影響があるとは思っていませんでした。

毎日の仕事に忙殺されて、それらの経済情報を気に留めることすらありませんでした。

しかしながら、自分で投資するようになってから状況は一変しました。

そういったニュースは自分の資産の増加や減少に大きく影響するわけですから、それらの情報をチェックするのは当然のことです。

仕事をする中でも、自分が当然だと思っているそれらの情報を同僚が全く知らないことが多々あります。投資を始めたことは、仕事をする上でもプラスに働いています。

4. お金に対する不安が和らいだ

投資を始める前は、「こんな仕事を定年までずっと続けなければいけないのか。。。」と考えていました。

お金がなければ生活はできないので、辛い仕事を我慢して働き続けないといけないと絶望感に襲われていました。

しかし、投資を始めて時間が立つにつれて、仮に仕事をやめても「なんとか生きていけるのでは?」という考え方に変わりました。

なぜなら、投資をすることでお金が増えていくことを実感できたためです。また、少額でも長期間運用できれば、大きなお金を作れることも理解できました。

結果として、お金に対する不安が和らいだため、自分の中での会社への依存度が大きく低下しました。

「会社を辞めても何とかなる」という考えになれたのは、精神面にもよい影響を与えています。

投資を始めることは全く怖くない

ご紹介してきたとおり、投資をすることには多くのメリットがあります。

しかし、一般の方にとっては、投資は「怖い」、「大損する」といったイメージが強いようです。

そういう方には少額からコツコツと積み立て投資をすることをお勧めします。投資信託であれば500円/月から投資なんてことも可能です。

まずは少額からスタートし、投資に対する悪いイメージを払拭しましょう。そして、徐々に投資へ回すお金を増やしていけばよいのです。

最近は「つみたてNISA」や「iDeCo」のように少額からお得に投資できる環境が整っています。

知らないと危険?iDeCo(イデコ)で老後資金を準備しよう!「iDeCo」や「確定拠出年金」という言葉をご存知でしょうか? 知らない方は老後資金の準備について黄色信号かもしれません。本記事では老後資金の準備に有効な「確定拠出年金」、特に個人型の確定拠出年金であるiDeCoについて簡潔にご紹介します。iDeCoを知らない方、商品の選定に悩んでいる方はぜひご覧ください。...
【つみたてNISAの必勝パターン】楽天VTを積み立てるだけでOK!「つみたてNISA」でどの商品に投資すればよいか悩んでいませんか? 本記事では「つみたてNISA」におすすめの商品をずばり1つだけご紹介します。本商品の積み立てを継続するだけで平均点は取れるはずです。「つみたてNISA」の商品の選定や運用方針に悩んでいる方は必見です。...

月1万や2万の投資でも老後2,000万円を解決できるレベルまで資産を作ることができます。怖がらずにぜひ一度は試していただきたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では投資を始めたメリットや良かったことについてご紹介しました。

投資をすることで、社会人としての必須スキルを身につけることができますし、お金に対する不安を取り除くことができます。

私のように配当金生活を目指す必要は全くありません。老後資金の準備を目的に投資への一歩を踏み出してみてください。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA