海外投資

【フィリピン株投資】ビールだけじゃない!サンミゲル財閥を解説!

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

本ブログでは成長著しいフィリピンへの投資について何度かご紹介してきました。

フィリピンの株式市場は財閥が牛耳っており、本ブログでは主要な財閥であるSMグループ、アヤラ、ジョリビーなどをご紹介しました。しかし、フィリピンにはまだまだたくさんの財閥が存在します。

今回はビールで有名なサンミゲル財閥について、事業内容や魅力についてご紹介していきます。

インフラ関連の売上が大きいサンミゲル財閥!

サンミゲル財閥はビールのイメージが強いですが、近年では石油や発電などのインフラ事業の売上比率が高くなっています

サンミゲル財閥の中核になるのが、San Miguel Corporation(SMC)です。このSMCはフィリピンの主要銘柄30社で構成される「フィリピン総合指数 (PSEi)」に含まれています。時価総額で言えば上から12番目です。

注:時価総額は2021年7月26日時点

なお、SMCの上にTop Frontier Investment Holdings, Inc.という持株会社があり、SMCの66%の株式を保有しています。

以下では、サンミゲル財閥傘下の企業がどのような事業を展開しているのかご紹介していきます。

サンミゲル財閥の関連企業

食品・飲料事業

San Miguel Pure Foods Company Inc

San Miguel Pure Foods Company Incは、精肉などに強みを持つ食品会社です。

精肉だけでなくビスケットやコーヒーなど様々な商品を製造しています。また、海外事業にも積極的で、フィリピンだけでなくインドネシアやベトナムにも進出しています。自社商品の輸出も世界各国にしています。

San Miguel Brewery Inc. (SMB)

フィリピンへ旅行したことがあるなら、サンミゲルのビールを目にしたことがあるでしょう。

San Miguel Brewery Incはフィリピンで最大のシェアを誇るビール会社です。実は日本のキリンが50%近くを出資しています。日本でおなじみの「キリン一番搾り」も、フィリピンではサンミゲルから販売されています。

Ginebra San Miguel, Inc. 

Ginebra San Miguel Incはお酒のジンを世界で最も製造販売している会社です。その他にもブランデー、ウォッカ、ラムなどアルコール度数の高いお酒の製造や販売をしています。

また、フィリピンだけでなく世界中で製品を販売しているのも特徴です。タイには「Thai San Miguel Liquor Co., Ltd.」という子会社を持っています。

インフラ事業

SMC Infrastructure

SMC Infrastructureはインフラ事業の施工管理などを手掛ける会社です。

高速道路、空港、電車の路線などの事業を数多く手掛けてきました。現在実施中のプロジェクトの多くは、高速道路の建設に係るものです。マニラの空港につながる高速道路の建設も、このSMC Infrastructureが実施しています。

不動産事業

San Miguel Properties Inc.

San Miguel Properties Inc.は主に商業用の物件の開発、不動産の販売や賃貸などをしています。

特に郊外で戸建住宅の開発を積極的に行っており、幅広い物件を販売しています。

石油事業

Petron Corporation

Petron Corporation はフィリピンで最も大きい石油精製会社です。

フィリピンのガソリン需要の約30%を供給しているのが、このPetron Corporationです。また、フィリピンだけでなくマレーシアでも事業を展開しています。

発電事業

San Miguel Global Power

San Miguel Global Powerはフィリピンで有数の発電会社です。

発電事業以外には、電力貯蔵装置の施設を保有したり送電事業に力を入れています。

各企業の株価推移は?

それではサンミゲル財閥の株価推移はどうでしょうか?

まずはSan Miguel Corporation(SMC)です。2019年頃の株価と比較すると、2021年の株価は低めです。株価は右肩上がりではなく2012年頃にも高い時期がありました。

出典: Investing.com

次にSan Miguel Pure Foods Company Incです。2011年頃に急激に株価が上昇した時期がありましたが、その後は大きな変動はありません。

出典: Investing.com

Ginebra San Miguel Incの株価推移です。Ginebra San Miguel Incは近年急激に株価を上昇させていることが分かります。

出典: Investing.com

最後にPetron Corporationの株価推移です。Petron Corporationの現在の株価は過去と比較すればかなり低い状況にあります。逆に仕込み時かもしれません。

出典: Investing.com

やはり新興国の株式だけあって株価の浮き沈みが激しいです。現在好調なのはGinebra San Miguel Incですが、今から手を出すのはかなり危険ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フィリピンの財閥であるサンミゲル財閥の関連会社や事業ついてご紹介しました。

もともとはビールなどの飲料系に強かった財閥ですが、近年はインフラや石油事業、発電事業の売上が大半を占めています。フィリピンは人口が伸びている国ですから、今後インフラ整備や発電事業もますます重要になっていくでしょう。

ただし、新興国の株式ですから株価の浮き沈みが大きく注意が必要です。フィリピン株投資はあくまで余剰資金で楽しむことをおすすめします。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA