配当金

【配当金速報】SPYDの2022年9月の配当金

米国高配当株ETFであるSPYDを保有する楽しみは分配金の受け取りです。

SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)からは年4回(3月、6月、9月、12月)分配金を受け取ることができますが、2022年9月の分配金が公表されました。

本記事ではそんなSPYDの2022年9月の分配金を速報します。SPYDの分配金は昨年同時期との比較で増配になりました!

SPYDの特徴

  • S&P500の中から配当利回りの高い上位約80銘柄へ投資
  • 4%近い高い配当利回り
  • コロナショックで40%以上の暴落

2022年9月のSPYDの配当金

SPYDの2022年9月の配当金は0.418383ドル/株」でした。

2021年9月は0.386582ドル/株でしたので、前年同時期と比較して約8%の増配になりました。

過去の配当金との比較

SPYDの年間配当金の推移を下表に示します。

SPYDは2015年に設定された比較的新しいETFです。そのため、増配や減配の明確な傾向を確認することはできません。ただし、2019年以降は2年連続で減配してしまいました。

SPYD年間配当金の推移(2021年)

次に2022年9月の分配金を反映させた四半期ごとの分配金推移を示します。

SPYD分配金推移前年同時期との比較で3月、6月、9月と3期連続で増配になりました。2022年の合計は1.476ドル/株ですから、すでに2017年の年間配当金を超えています。

昨年の年間配当金と比較しても0.07ドルの差しかありませんから、昨年を超えることはほぼ間違いないでしょう。過去最高を記録した2019年へ届くことを期待したいところです。

2022年の株価推移

次にSPYDの年始からの株価推移を確認してみましょう。

年始1月3日の株価は42.39ドル/株でしたが、9月15日時点の株価は39.86ドル/株です。年始からは若干株価が下がっています。また、2022年6月時点からほぼ変動はありませんでした。

SPYD株価推移(2022年9月15日)出典:Yahoo finance

配当利回り

2022年9月15日時点の株価を基に配当利回りを計算してみましょう。

① 2021年の年間配当金を基準にした場合

1.5493ドル/株÷39.86ドル/株→約3.89%

② 2021年12月〜2022年9月の分配金を基準にした場合

1.6037ドル/株÷39.86ドル/株→約4.02%

現時点のSPYDの株価はだいたい4%前後になっています。やはり高い配当利回りを維持しています。

まとめ

2022年9月のSPYDの配当金は前年同時期と比較して増配でした。

SPYDは3月、6月、9月と3期連続で増配しています。これで2021年の年間配当金を上回ることはほぼ確実となりました。

2022年は株価が上昇せずになかなか厳しい相場環境になっています。しかし、高配当株ETFであるSPYDは順調に分配金を出し続けています。

SPYDの保有はこういった相場環境でも投資を続けるモチベーションになるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

SPYDの詳細については下記記事でご紹介しています。

【米国高配当ETF】配当利回り4%超え、SPYDの魅力を解説!「SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)という米国高配当ETFをご存知でしょうか?」 SPYDは4%程度とその高い配当利回りが魅力で、高配当株投資家の間で人気の商品です。本記事ではこのSPYDの魅力について解説していきます。高配当株投資を検討されている方や配当金が好きな方はぜひご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA