配当金

【配当金速報】SPYDの2022年12月の配当金

米国高配当株ETFであるSPYDを保有されている方が楽しみなのが分配金の受け取りです。

SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)からは年4回(3月、6月、9月、12月)分配金を受け取ることができますが、2022年12月の分配金が公表されました。

本記事ではそんなSPYDの2022年12月の分配金を速報します。12月の分配金は前年同時期との比較で4倍近い大幅な増配でした。

SPYDの特徴

  • S&P500の中から配当利回りの高い上位約80銘柄へ投資
  • 2022年12月時点で5%近い高い配当利回り
  • コロナショックで40%以上の暴落

2022年12月のSPYDの配当金

SPYDの2022年12月の配当金は0.507258ドル/株」でした。

2021年12月は0.1276ドル/株でしたので、前年同時期と比較して4倍近い大幅な増配です。

過去の配当金との比較

SPYDの年間配当金の推移を下表に示します。

SPYDは2020年と2021年に2年連続で減配していました。しかし、2022年は増配へ転じ、2019年を超えて過去最高を記録しています。

SPYD年間配当金推移_2022年12月次に2022年12月の分配金を反映させた四半期ごとの分配金推移を示します。

SPYD配当金推移(四半期)_2022年12月前年同時期との比較ではすべての月で2021年の分配金を上回りました。特に12月は約4倍と大幅な増配です。

年間配当金では今まで最も高かった2019年から約14%増と大幅な増配になりました。

2022年の株価推移

次にSPYDの年始からの株価推移を確認してみましょう。

年始1月3日の株価は42.39ドル/株でしたが、12月15日時点の株価は40.16ドル/株です。年始からは若干株価が下がっていますが、ほぼ変動はないと言ってよいでしょう。

SPYD株価推移_2022年12月出典:Yahoo finance

配当利回り

2022年の年間配当金を用いて配当利回りを計算してみましょう。

1.983341ドル/株÷40.16ドル/株→約4.94%

今回の増配によってSPYDの配当利回りは5%近くまで高まりました。高配当株ETFとして魅力的な水準です。

まとめ

2022年12月のSPYDの配当金は前年同時期と比較して大幅な増配でした。

年間配当金でも2019年を大幅に上回り過去最高を記録しました。2022年は株価の上昇はありませんが、5%の配当利回りはやはり魅力的です。

2022年のような厳しい相場環境でも十分な配当金が期待できるSPYDへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

SPYDの詳細については下記記事でご紹介しています。

【米国高配当ETF】配当利回り4%超え、SPYDの魅力を解説!「SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)という米国高配当ETFをご存知でしょうか?」 SPYDは4%程度とその高い配当利回りが魅力で、高配当株投資家の間で人気の商品です。本記事ではこのSPYDの魅力について解説していきます。高配当株投資を検討されている方や配当金が好きな方はぜひご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA