投資・資産形成

セミリタイアを目指すなら40歳を目標にしよう!

最近は若いうちからセミリタイアや配当金生活を目指している方が増えていますね。

そんな方々にお伝えしたいのは、セミリタイアを目指すのであれば40歳までを目標にすべきだと言うことです。

本記事ではなぜ40歳までにセミリタイアを達成すべきなのかその理由について解説していきます。

40歳までにセミリタイアを目指すべき理由とは?

高校中退投資家TOSHIは40歳までのセミリタイアを目標にすべきだと考えています。

もちろん、人それぞれ置かれている状況が違いますから、一概に目標年齢を設定できないことは理解しています。

しかし、必死にお金を貯め続けて50代後半にリタイアしたとしても、次の人生を楽しんで充実したものにできるでしょうか?

まだ体力的にも精神的にも余裕のある若いうちにセミリタイアできる環境を構築できれば、その後の人生の選択肢が一気に増えます

以下では40歳までにセミリタイアすることのメリットについてご紹介していきます。

40歳までにセミリタイアを目指すべき理由!

  • 好奇心がある
  • 体力が十分ある
  • 社会経験を十分積んでいる
  • 環境の変化に対応できる
  • 一般人でも目指せるラインである

好奇心がある

まずは40歳くらいであればまだまだ好奇心がある点です。

年を取れば取るほど好奇心はなくなっていくものです。したがって、50代でセミリタイアした方が新しいことを始めるのは少し難しいかもしれません。それよりは仕事から開放されてゆっくりしたいと保守的に考える方が多いでしょう。

せっかく自由に使える時間が増えたのに、抜け殻のようにぼーとしていたのでは日々の生活が退屈に感じてしまいます。

何か色々なことにチャレンジしたいという好奇心があるうちにリタイアしたほうが、第2の人生を充実したものにできるのです。

体力が十分ある

好奇心があることにも通じますが、40歳前後であればまだまだ体力があります

最近は平均寿命が伸びており、40歳でも精力的に活動されている方が増えています。例えば、筋トレにハマって40歳とは思えないような肉体をキープしている人もいます。

体力がなければ行動に起こすことが難しくなります。海外旅行に行きたいと思っても、長時間飛行機に乗ることができず、近場しか行けないのです。

体力がある若いうちにリタイアしなければ、狭い行動範囲の中でしか生活できない可能性があります。

社会経験を十分積んでいる

40歳という年齢は、社会人としての経験を20年近く積んでいることになります

職種にもよるでしょうが、大半の方が社会人経験で培ったしっかりとした軸(経験)を持っているはずです。

そうであれば、第2の人生を歩む際にも思わぬところで活かせる可能性があります。仕事での経験をもとに起業してもよいし、ボランティア活動をしてもよいでしょう。

20年近く仕事をしてきたということは、ある分野においてはそれなりの知識や経験を保有している状態なのです。

環境の変化に対応できる

40歳くらいまでが大きな環境の変化に対応できるギリギリのラインではないかと考えます。

家族などを見ていてもそうですが、年を取るほど保守的になり、自分の庭から出ようとしません。

セミリタイアすれば毎日していた仕事をしなくて良いわけですから、一気に生活スタイルが変わります。

こういった大きな変化に対応するのにもそれなりの若さが必要なのです。

一般人でも目指せるラインである

40歳のセミリタイアは夢のように感じるかもしれません。

しかし、早いうちに投資の重要性に気づいた方であればなんとか実現可能なレベルです。例えば、月10万円の投資を20年間継続した場合の資産額は以下の通りです。

条件:年利5%のリターン、月10万円の投資を継続

20年後の資産額:41,103,367円

上記の算定では私が最低ラインと考えるセミリタイア資金4,000万円を確保することが可能です。

ずばり答えます!セミリタイアに必要な投資額は4,000万円!「会社を辞めたい」、「上司の顔を見たくない」、「満員電車なんか乗りたくない」 このように思ったことはありませんか? 会社を辞めてセミリタイアするためには、一体いくら貯める必要があるのでしょうか。本記事では、セミリタイアに必要な資産について高校中退投資家の考えをご紹介したいと思います。セミリタイアを目指している方は必見です。...

もちろん月10万円の投資が簡単だと言っているのではありません。

しかし、実家暮らしやシェアハウスなどをして生活費を抑えれば、若いうちから月10万円近い投資資金を確保することは不可能ではありません。

一方で、それ以上の金額、例えば月20万円を投資しようとしても手取りの給料を超えてしまう人が出てきます。40歳よりも早い20代や30代前半などでリタイアするためには、相当な投資資金を確保する必要があり、一般的な給与水準の方には非現実的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では40歳までのセミリタイアを目指すべき理由について解説しました。

40歳までにセミリタイアができれば、第2の人生を元気なうちにチャレンジすることができます。セミリタイア生活の可能性を大きく広げることができるでしょう。

また40歳までのセミリタイアは一般的な収入の方でも目指せるギリギリのラインでもあります。せっかくセミリタイアを目指すのであれば、40歳を一つの目標にしてみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA