配当金

【配当金速報】HDVの2021年6月の配当金

米国高配当株ETFとして有名なHDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)の配当金が待ち遠しくありませんか?

HDVは基本的に年4回(3月、6月、9月、12月)の配当金を出しますが、待ちに待った2021年6月の配当金が公表されました。

そこで本記事では、HDVの2021年6月の配当金を速報するとともに、過去の配当金の推移をご紹介していきます。

2021年3月の配当金は、前年同時期との比較で約3.5%の減配でした。2021年6月は前年の配当金を超えることができたでしょうか。

HDVの特徴

  • 財務健全性が高い米国企業約75社へ投資
  • 4%程度の高い配当利回り
  • 配当だけでなく値上り益も狙える商品

HDVの2021年6月の配当金

2021年6月のHDVの配当金は、「0.810317ドル/株」でした。

2020年の同時期の配当金(0.879497ドル/株)との比較では、約7.9%減です。

残念ながら、2021年3月に引き続き前年との比較で減配になってしまいました。

過去の配当金との比較

下図にHDVの過去の年間配当金の推移を示します。2011年の設定以来、減配を記録したのは2016年だけです。

この10年間は概ね右肩上がりに配当金を増加させてきました。ただ、2021年は2期連続の減配もあり、2016年以来の減配の可能性が出てきました。

次に、各月ベースでの配当金推移をまとめた表を示します。

上述の通り、2020年6月と比較すると2021年は約7.9%の減配となりました。

3月と6月の合計でも、2021年は2020年から約5.7%の減配です。減配率は大きくはありませんが、9月と12月でこの分を取り返すのはかなり厳しいでしょう。

所感

2021年3月に引き続き、HDVの6月の配当金は昨年を下回る結果となりました。過去最高を記録した2020年の年間配当金を超えるのは厳しそうです。

それで、2021年の3月と6月の配当金は、2020年を除けば過去トップの水準です。コロナで厳しい状況を考えれば、まだ許せる範囲ではないでしょうか。

9月と12月の配当金での巻き返しに期待したいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

 

HDVの詳細については下記記事でもご紹介しております。

配当金生活にお勧めな米国高配当ETF! HDVの魅力を紹介HDVという米国高配当ETFをご存知でしょうか? HDVは今回の暴落でも配当金が増配されており、配当金生活にお勧めできる商品です。本記事では、HDVの特徴や魅力についてご紹介していきます。米国高配当株への投資を検討されている方や配当金生活を目指している方は必見です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA