海外投資

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年3月版

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

高校中退投資家は世界中でビジネスを展開する「HSBC香港」に銀行口座を保有しています。本記事ではそんなHSBC香港の2022年3月の人気ファンドをご紹介します。

なお、2022年2月の人気ファンドは下記記事でご紹介しています。

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年2月版本記事では世界的な銀行であるHSBC香港の2022年2月人気ファンドをご紹介します。 ランキングの上位に入った「CAPITAL GROUP CAPITAL INCOME BUILDER」というファンドの詳細についてご紹介します。HSBC香港の口座を保有されている方、海外投資に興味のある方はぜひご覧ください。...

HSBC香港おすすめ人気ファンド2022年3月版

HSBC香港の2022年3月の人気ファンドは下表の通りです。

赤字で示した3つのファンドが今月に新たにランクインしたファンドです。株式に投資するファンドが1つ、マルチアセット(株式と債券の両方へ投資)のファンドが2つです。

2022年3月の人気ファンド

HSBC カテゴリー ファンド名
Global Equity – Broad AB – Low Volatility Equity Portfolio
US Equity – Broad AB SICAV I – American Growth Portfolio
Asia Pacific Ex-Japan Equity – Broad JPMorgan Asia Equity Dividend
Multi-Asset – Asia Schroder Asian Asset Income Fund
Multi-Asset – US HSBC GIF- US INCOME FOCUSED
Multi-Asset – Global JPMorgan Multi Income
Multi-Asset – Global JPMorgan Multi Balanced
Short Duration Fund HSBC Global Money Funds
Short Duration Fund HSBC GIF – ULTRA SHORT DURATION BOND

出典:HSBC香港HPより作成

カテゴリー別で考えると最も多いのはマルチアセットの商品です。今月は債券のみへ投資するファンドはありませんでした。

人気ファンドのご紹介

今月は新規にランクインした「HSBC GIF- US INCOME FOCUSED」という商品について、詳細をご紹介していきます。

HSBC GIF- US INCOME FOCUSED

HSBC GIF- US INCOME FOCUSED」は米国の株式、債券、REITなどへ投資するファンドです。また、2020年1月に設定された比較的新しいファンドです。

2022年2月末時点では、株式に約35%、債券へ約41%と債券の投資割合が高くなっています。また、債券は約41%のうち24%は利回りが高い銘柄であり、債券も比較的リスクの高い銘柄へ投資しています。

購入手数料は3%、ファンドマネージャーへ支払う手数料(Management fee)は1.25%と他のファンドと同水準です。

株式の投資銘柄

HSBC GIF- US INCOME FOCUSED」の株式の上位銘柄を下表に示します。

上位銘柄はアップル、マイクロソフト、アルファベットと米国の有名企業が並んでいます。他の米国へ投資するファンドと銘柄に違いはなく、特に大きな特徴はありません。

No. 銘柄 割合
1 APPLE INC 3.31%
2 MICROSOFT CORP 3.03%
3 ALPHABET INC 1.80%
4 AMAZON.COM INC 1.56%
5 TESLA INC 0.96%
6 JOHNSON & JOHNSON 0.74%
7 EXXON MOBIL CORP 0.62%
8 HOME DEPOT INC 0.61%
9 NVIDIA CORP 0.58%
10 META PLATFORMS INC 0.54%

     注:2022年2月末時点のデータ

株式の投資セクターの割合

次に株式の投資セクターの割合についてご紹介します。

情報テクノロジーの割合が13.4%で2位のヘルスケアの2倍以上です。2位以下は5%程度の割合で、ヘルスケア、一般消費財、金融と続きます。

No. セクター 割合
1 情報テクノロジー 13.40%
2 ヘルスケア 6.32%
3 一般消費財 5.92%
4 金融 5.91%
5 資本財 4.50%

               注:2022年2月末時点のデータ

債券の信用格付け

債券の信用格付についてです。信用格付がBBB以上の債券は比較的安全であり、「投資適格な債券」とされています。逆にBB以下はリスクの高い債券です。

BB以下のリスクの高い債券の割合がBBB以上の投資適格よりも高くなっています。債券と言えど、ある程度リスクを取った投資と言えるでしょう。

格付け 割合
AAA 8.05%
AA 0.50%
A 2.99%
BBB 3.43%
BB 6.58%
B 10.20%
CCC 3.39%

                            注:2022年2月末時点のデータを基に作成

リターン

2022年4月14日時点における1年リターンは2.94%と低めです。設定から間もないため、3年リターンや5年リターンの情報はありません。

暴落時の影響

2020年3月のコロナショックでは約27%基準価額が低下しました。債券の割合がある程度ありますが、株式ファンド並の暴落を記録しています。

なお、すでにコロナショック以前の基準価額へと回復済みです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では2022年3月のHSBC香港の人気ファンドランキングをご紹介しました。また、ランキング上位の「HSBC GIF- US INCOME FOCUSED」という商品をご紹介しました。

「HSBC GIF- US INCOME FOCUSED」は米国の株式や債券へ投資するファンドです。よくある米国へ投資するタイプの商品ですが、設定からの期間も浅く、またこの1年のリターンも高くありません。積極的に投資すべき商品とは言えないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA