海外投資

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年7月版

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

高校中退投資家は世界的に有名な「HSBC香港」に銀行口座を保有しています。本記事ではそんなHSBC香港の2022年7月の人気ファンドをご紹介していきます。

なお、2022年6月の人気ファンドは下記記事でご紹介しています。

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年6月版本記事では世界的な銀行であるHSBC香港の2022年6月人気ファンドをご紹介します。 また、ランキング上位の「JPM INCOME FUND」というファンドの詳細についてもご紹介していきます。HSBC香港の口座を保有されている方、海外投資に興味のある方はぜひご覧ください。...

HSBC香港おすすめ人気ファンド2022年7月版

HSBC香港の2022年7月の人気ファンドは下表の通りです。

先月の人気ファンドからほぼ入れ替えはありませんでした。変更点は、赤字で示した「JPMorgan Multi Income」が追加されたのみです。

2022年7月の人気ファンド

HSBC カテゴリー ファンド名
Global Equity – Broad AB – Low Volatility Equity Portfolio
Global Equity – Broad BLACKROCK SYSTEMATIC GLOBAL EQUITY HIGH INCOME FUND 
Asia Pacific Ex-Japan Equity – Broad JPMorgan Asia Equity Dividend
Global Fixed Income JPM INCOME FUND
Multi-AssetUS HSBC GIF- US INCOME FOCUSED
Multi-Asset – US Franklin Income Fund
Multi-Asset – Asia Schroder Asian Asset Income Fund
Multi-Asset – Global JPMorgan Multi Income
Short Duration Fund HSBC Global Money Funds
Short Duration Fund HSBC GIF – ULTRA SHORT DURATION BOND

出典:HSBC香港HPより作成

カテゴリー別では、マルチアセット(株式と債券の両方へ投資)の商品が4つと最も多くなっています。

人気ファンドのご紹介

ここでは今月新規にランクインした「JPMorgan Multi Income」について詳細をご紹介していきます。

JPMorgan Multi Income

JPMorgan Multi Income」は世界中の株式や債券へ投資するマルチアセットの商品です。投資対象にはREITも含みます。

2022年5月末時点で、株式が559銘柄、債券が1,923銘柄と広く分散されています。なお、株式へ約46%、債券へ約41%とほぼ同程度の割合です。

購入手数料は3%、ファンドマネージャーへ支払う手数料(Management fee)は1.25%です。

株式の投資セクターの割合

「JPMorgan Multi Income」の株式の投資セクターの割合を下表に示します。

1位と2位は不動産と金融で、それぞれ6%程度の割合です。また、3位は公共事業で、配当利回りが高いセクターが上位に入っています。

No. セクター 割合
1 不動産 6.21%
2 金融 6.10%
3 公共事業 4.55%
4 テクノロジー 4.27%
5 生活必需品 4.04%

               注:2022年5月末時点のデータ

株式の地域別の投資割合

次に株式の地域別の投資割合を示します。

全世界へ投資する商品であるものの、米国への投資割合が18%以上と2位のユーロ圏を3倍程度も大きく上回っています。

No. 地域 割合
1 米国 18.41%
2 ユーロ圏 5.17%
3 アジア(先進国) 3.47%
4 アジア(新興国) 3.36%
5 カナダ 2.98%

               注:2022年5月末時点のデータ

債券の国別投資割合

債券の国別の投資割合を下表に示します。

米国の割合が30%以上で、ほぼ米国への集中投資になります。

No. 地域 割合
1 米国 30.25%
2 アジア(新興国) 1.92%
3 カナダ 1.00%
4 ユーロ圏 0.74%
5 イギリス 0.71%

               注:2022年5月末時点のデータ

債券の格付け

次に債券の信用格付けです。

信用格付がBBB以上の債券は比較的安全であり、「投資適格」と言われています。逆にBB以下はリスクの高い債券です。

BBが12%、Bが39%とBB以下の投資不適格な債券の割合が高くなっています。かなり高いリスクを取っていると言ってよいでしょう。

格付け 割合
AAA 13.67%
AA 1.03%
A 1.61%
BBB 12.16%
BB 39.11%
B 18.73%
B以下 3.79%
格付けなし 9.89%

                         注:2021年11月末時点のデータ

リターン

2022年8月9日時点におけるリターンは以下の通りです。

1年リターン:−8.03%

3年リターン:+2.71%

5年リターン:+3.31%

10年リターン:+4.36%

1年リターンでは8%のマイナスと大きく下落しています。10年リターンでは4%以上とそれなりのリターンがあります。

暴落時の影響

2020年3月のコロナショックでは約23%基準価額が低下しました。先月ご紹介した債券へ投資する「JPM INCOME FUND」が約17%の低下でした。株式を含む本ファンドの方が下落幅は大きくなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年7月のHSBC香港の人気ファンドランキングをご紹介しました。また、ランキング上位の「JPMorgan Multi Income」という商品をご紹介しました。

「JPMorgan Multi Income」は全世界の株式や債券へ投資するファンドであるものの、大部分は米国への投資です。また、債券は投資不適格な債券を多く含むという特徴があります。

また、10年リターンでは4%を超えていますので、それなりのリターンが期待できるファンドです。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA