投資・資産形成

【高配当株投資】高い配当利回りが魅力の日経高配当株50ETF!

日本の高配当株へ分散投資ができる「日経高配当株50ETF」をご存知でしょうか?

高校中退投資家Toshiは個別株の才能がないため、1つの商品で複数の銘柄へ分散投資ができるETF(上場投資信託)を投資対象のメインにしています。

米国高配当ETFにはVYM、HDV、SPYDなどの優良ETFがあります。一方で、日本の高配当株ETFにはこれと言ったものがなく、何かよいETFはないかと探していました。そんな中たどり着いたのが「日経高配当株50ETF」です。

本記事では「日経高配当50ETF」の基本情報や配当利回りなどについてご紹介します。

「日経高配当50ETF」への投資には注意すべき点はありますが、現時点でかなり高い配当利回りを維持しており、購入を検討する余地があるETFでしょう。

「日経高配当株50ETF」の魅力は高い配当利回り

「日経高配当株50ETF」はその名の通り、日経平均を構成する銘柄の中から予想配当利回りの高い50銘柄へ投資するETFです。

信託報酬は税抜年0.28%と少し高めです。米国高配当ETFは信託報酬が0.1%を切るレベルであるため、少し高く感じてしまいます。

他にもいくつか日本の高配当株へ投資するETFはあるのですが、信託報酬や配当利回りを考えると、この「日経高配当株ETF50」が第1候補になるでしょう。

上位銘柄

「日経高配当株50ETF」の上位銘柄を下表にまとめました。

1位は将来性が心配なタバコ産業の銘柄、日本たばこ産業(JT)です。また、2位、4位、5位に銀行株がランクインしています。上位銘柄に景気敏感株が多く、不景気には株価を大きく落とす可能性があります。

No. 銘柄 割合
1 日本たばこ産業 3.90%
2 三菱UFJフィナンシャル・グループ 3.64%
3 三菱商事 3.64%
4 三井住友フィナンシャルグループ 3.63%
5 みずほフィナンシャルグループ 3.50%
6 キャノン 3.37%
7 東京海上ホールディングス 3.05%
8 MS&ADインシュアランスグループホール 3.04%
9 日本電信電話 2.96%
10 武田薬品工業 2.92%

注:2020年10月末時点

株価の推移

日本株全般に言えることではありますが、株価の調子はイマイチです。

「日経高配当株50ETF」は2017年2月に上場した比較的新しいETFですが、2018年以降は株価が下がり続けています。2018年1月時点では一時4万円を超える株価でしたが、コロナショック以降は2万円台まで落ちています。

米国高配当ETFであるVYMやHDVならある程度右肩上がりの成長を期待できます。一方で、現在までの株価の推移を考えると、「日経高配当ETF50」にはそのような力強さはありません。

配当利回り

高配当株へ投資する際に重要なのは「配当利回り」です。
「日経高配当株50ETF」は2020年11月時点では約4%とかなり高い配当利回りを維持しています。このレベルの配当利回りだと、税引き後でも3%以上の配当を受け取ることができます。

コロナの影響もあり配当利回りが高い状態にありますが、2017年〜2019年を見てもコンスタントに3%以上の配当利回りをキープしています。

なお、配当は1月、4月、7月、10月の年間4回受けとることができます。過去に配当金の推移をまとめます。

1月 4月 7月 10月 合計
2017年 443円 62円 477円 981円
2018年 74円 558円 74円 544円 1,250円
2019年 90円 604円 73円 572円 1,339円
2020年 103円 569円 21円 465円 1,158円

コロナショックの影響もあり、2020年の配当は2018年、2019年と比較して落ちました。2019年との比較では13.5%の減配です。

コロナショックの状況を考えれば、この程度の減配は仕方ないでしょう。

「日経高配当ETF50」の購入を検討

景気敏感株が多いため、景気の影響を受けやすいのは否めません。また、設定からの期間が短く正確な傾向は分かりませんが、株価が下がり続けているのもマイナスポイントです。

一方で、高校中退投資家Toshiは下記理由からこのETFの購入を検討しています。

  • 高い配当利回りが期待できる
  • 配当控除が使える

高い配当利回りが期待できる

2018年、2019年を見ても3%以上の配当利回りをキープしています。特に、2020年現在の株価は3万円を切るレベルにあり、高い配当利回りになっています。

仮に来年以降の配当金が2019年のレベルまで上昇した場合、3万円/株で購入できれば、4.5%の配当利回りです。

今回のような暴落時にスポット購入し、配当をもらいながら株価の回復を狙うという選択肢もあるのではないでしょうか。

配当控除が使える

私の主な保有商品は米国ETFです。米国株は日本株と比較しても高い成長率を維持していますが、二重課税の問題で約72%程度しか配当を受け取ることができません。

一方で、日本の銘柄であれば約80%分の配当を受け取ることができます。配当金生活を目指す人間としては、この10%弱の差はかなり大きいのです。

加えて、日本株の配当金には「配当控除」が使えます。

「配当控除」を使うことによって、本来15%程度支払うはずの所得税を、5%まで減らすことができる可能性があります。配当金生活をに向けて、税制優遇のある日本株へも投資しておきたいところです。

なお、配当控除の仕組みについては、以前下記記事でもご紹介しましたので、興味のある方はご覧ください。

配当金生活への近道!「配当控除」を徹底解説「配当控除」は所得税を抑える上で強力な武器になります。一方で、この「配当控除」の概要や仕組みをしっかり理解されている方は少ないのではないでしょうか。本記事では、「配当控除」の概要を説明するとともに、配当金生活での活用について検討します。配当金生活を目指している方や「配当控除」に興味がある方は是非ご覧ください。...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は日本の高配当株へ分散投資ができる「日経高配当株ETF50」をご紹介しました。

景気敏感株が多い点は微妙ですが、高い配当利回りが期待できます。暴落した際にスポット購入するのであれば活用の余地もあるのではないでしょうか。

また、私のように米国株への投資が大部分を占める方は、税制優遇のある日本の高配当株へも分散しておきたいところです。

今回ご紹介した「日経高配当株ETF50」を選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA