投資・資産形成

米国ETF週間売買ランキングを考察(2021年9月)

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

本記事ではネット証券大手のSBI証券と楽天証券の米国ETF人気ランキング(2021年9月末時点)をご紹介します。

SBI証券と楽天証券の米国ETFランキングを比較していきます。また、ランキング上位の個別商品についてもご紹介します。

なお、2021年8月末時点の「米国ETF人気ランキング」は下記記事でご紹介しております。興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

米国ETF週間売買ランキングを考察(2021年8月)本記事では、ネット証券大手のSBI証券と楽天証券の2021年8月の米国ETFランキングをご紹介します。米国ETFの購入を検討されている方、保有されている方は是非ご覧ください。...

米国ETF週間売買ランキング

SBI証券と楽天証券の2021年9月下旬の週間売買ランキングを示します。

順位 SBI証券 楽天証券
1 バンガード S&P 500 ETF (VOO) バンガード S&P 500 ETF (VOO)
2 バンガード トータルストックマーケットETF (VTI) バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)
3 デイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL) Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL)
4 インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET (QQQ) インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET (QQQ)
5 Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL) Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL)
6 Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL) Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL)
7 バンガード 米国高配当株式ETF(VYM) SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF (SPYD)
8 iシェアーズ 米国短期国債 ETF (SHV) Direxion デイリー S&P 500 ベア3倍 ETF (SPXS)
9 SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY) Direxion デイリー 半導体株 ベア 3倍 ETF (SOXS)
10 SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF (SPYD) SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は9/20~9/24、楽天証券は9/19~9/25の週間売買代金ランキング。

SBI証券と楽天証券で2つずつ赤字の銘柄がありますが、これらの商品はどちらかのランキングにしか含まれていない銘柄です。SBI証券には高配当株ETFのVYMと債券を投資対象にするSHVが含まれていますが、楽天証券にはベア3倍のETFが2つ入ってきました。

なお、8月のランキングからの入れ替えはほとんどありません。SBI証券はVTが外れてVYMが入っただけです。楽天証券は8位〜10位に入れ替えがあり、SPY、SOXS、SPXSが新たにランクインしました。

ランキング上位商品の紹介

ランキング上位の銘柄のご紹介です。今月は楽天証券の8位にランクインしたSPXSを紹介していきます。

  • Direxion デイリー S&P 500 ベア3倍 ETF (SPXS)

Direxion デイリー S&P 500 ベア3倍 ETF (SPXS)

Direxion デイリーS&P500ベア3倍ETF (SPXS)は、米国の優良企業500銘柄を集めたS&P500指数に連動する投資成果を目指すETFです。

商品名に「ベア3倍」とありますが、これはS&P500指数の下落時に逆に株価が上昇するように設定されています。さらに3倍とありますので、S&P500指数の動きの300%になるように設定されています。

つまり、S&P500指数が上昇すると3倍大きく下がりS&P500指数が下落すると3倍大きく上昇するETFです。

S&P500指数上昇→3倍下落

S&P500指数下落→3倍上昇

通常よりも3倍値動きが激しいため、非常にリスクの高い商品になります。

投資銘柄

SPXSの投資銘柄トップ10です。

ベア3倍の商品と言っても中身はS&P500への投資ですから、投資銘柄はAppleやMicrosoftなど馴染みの企業が入っています。

順位 銘柄 構成比
1 Apple 5.94%
2 Microsoft 5.62%
3 Amazon.com 4.06%
4 Facebook – Class A 2.29%
5 Alphabet Inc – Class A 2.02%
6 Alphabet Inc – Class C 1.96%
7 Berkshire Hathway 1.45%
8 Tesla 1.44%
9 Nvidia 1.37%
10 JP Morgan Chase 1.30%

注: 2021年6月30日時点

株価推移

SPXSの株価推移を下図に示します。

相場の下落時に上昇するように設定された商品であるため、2020年3月のコロナショック時に大幅に株価が上昇しました。

一方で、コロナショック以降の相場は好調であるため、SPXSの株価は徐々に下がっています。

出典:Yahoo finance

経費率

SPXSの経費率は約1%です。ランキングの人気上位のVOOやVTIは0.1%未満の経費率ですから、SPXSの経費率は高めです。

ベア3倍のようなインバース型(ベア型)の商品は、通常経費率が高くなりますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では2021年9月末の米国ETFランキングをご紹介しました。今回は楽天証券の8位にランクインしたSPXSというETFをご紹介しました。

SPXSはベア型の商品で相場の下落時に逆に株価が上昇するように設定されています。楽天証券の9位にも同じくベア型の商品がランクインしています。投資家の間で調整局面が来ると予想されているのでしょう。

ただし、手数料が高く長期保有する商品ではありません。商品の中身をしっかり理解してから投資を検討するようにしましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA