投資・資産形成

米国ETF週間売買ランキングを考察(2022年4月)

本記事ではネット証券大手のSBI証券と楽天証券の米国ETFランキング(2022年4月末時点)をご紹介します。

SBI証券と楽天証券の人気米国ETFの違いやランキング上位の商品の詳細について解説していきます。

なお、2022年3月末時点の米国ETFランキングは下記の記事でご紹介していますので、興味のある方はこちらもご覧ください。

米国ETF週間売買ランキングを考察(2022年3月)本記事ではネット証券大手のSBI証券と楽天証券の2022年3月の米国ETFランキングをご紹介します。また、楽天証券のランキング9位のEWWというメキシコの株式へ投資する銘柄の詳細をご紹介します。米国ETFの購入を検討されている方、保有されている方は是非ご覧ください。...

2022年4月の米国ETF週間売買ランキング

SBI証券と楽天証券の2022年4月末時点の週間売買ランキングは以下の通りです。

順位 SBI証券 楽天証券
1 バンガード S&P 500 ETF (VOO) Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL)
2 Direxionデイリー半導体株ベア3倍ETF(SOXS) Direxion デイリー 半導体株 ベア 3倍 ETF (SOXS)
3 Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL) バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)
4 バンガード トータルストックマーケットETF (VTI) バンガード S&P 500 ETF (VOO)
5 インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF (QQQ) Direxion デイリー テクノロジー株 ベア 3倍 ETF (TECS)
6 Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL) Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)
7 DirexionデイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL) インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF (QQQ)
8 Direxionデイリーテクノロジー株ベア3倍ETF (TECS) Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL)
9 Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS) Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL)
10 iシェアーズ 米国短期国債 ETF (SHV) バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は4/25~4/29楽天証券は4/24~4/30の週間売買代金ランキング。

SBI証券と楽天証券のランキング上位の銘柄はほぼ同じ結果となりました。1位〜9位までの銘柄は順位は違うものの同じで、赤字で示した10位のSHVとVYMだけが片方のランキングのみにしか含まれていない銘柄です。

ランキング上位の商品のご紹介

今月はSBI証券の10位にランクインしたSHVをご紹介します。SHVはその名の通り、米国の短期国債へ投資するETFです。

  • iシェアーズ 米国短期国債 ETF(SHY)

iシェアーズ 米国短期国債 ETF(SHY)

「iシェアーズ 米国短期国債 ETF(SHY)」は残存期間が1年〜3年以下の米国債へ投資するETFです。残存期間が1〜2年の米国債への投資が60%以上と高い割合になっています。

2002年に設定された商品で約20年の運用実績があります。純資産総額も2022年3月末時点で3兆円弱と十分な資金を集めています。また、経費率が0.15%/年と安い水準であることも魅力です。

株価推移

SHVの株価推移を以下に示します。株価の変動がほとんどないことをお分かりいただけると思います。

SHVの株価推移典:Yahoo finance

比較的安全とされる米国債、しかも短期債への投資であるため、株価はかなり安定しているのです。

リターン

SHVの運用実績は以下の通りです。

SHVのトータル・リターン

  • 1年:-3.11%/年
  • 3年:0.72%/年
  • 5年:0.91%/年
  • 10年:1.78%/年

注:2022年3月31日時点の情報

10年リターンで2%/年を切っており、ほぼリターンは期待できないと考えた方がよいでしょう。

また、債券ですので分配金の利回りを期待したいところですが、こちらも約0.2%/年と低くなっています。残存期間が1年〜3年以下と短いので高い金利は期待できませんが、物足りないと感じる方がほとんどでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年4月末のSBI証券と楽天証券の米国ETFランキングをご紹介しました。また、今月は米国債へ投資するSHVというETFをご紹介しました。

SHVは株価の安定性は高いものの、リターンを見ると投資対象としてはあまり魅力は感じません。為替変動のリスクもありますので現時点での投資は見送りたいと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA