配当金

【配当金速報】VYMの2021年3月の配当金

米国高配当株ETFのVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)の配当金が待ち遠しくありませんか?

VYMは、世界の3大資産運用会社であるバンガード社が運用する商品で、米国の約400社の高配当銘柄へ分散投資ができます。日本だけでなく米国でも非常に人気の高い商品です。

VYMは基本的に年4回(3月、6月、9月、12月)配当を出しますが、2021年3月の配当金がバンガード社より公表されました。日本の主要ネット証券であるSBI証券や楽天証券ではまだ金額が公表されていません。

本記事では、一足お先にVYMの2021年3月の配当金を速報し、過去の配当金の推移とも比較していきます。

2020年はコロナの影響があったものの、2019年の配当を上回りました。2021年の配当金はどうなるでしょうか?

VYMの特徴

  • 米国の高配当銘柄約400社へ広く分散
  • 配当利回りは3%程度とそこまで高くない
  • 配当だけでなく値上がり益も狙える

VYMの2021年3月の配当金

2021年3月のVYMの配当金は、「0.6564ドル/株」でした。

2020年の同時期が「0.5544ドル/株」ですから、約18%の増配です。2020年はコロナの影響で3月の配当は低めでしたが、2021年はそれなりの金額へと回復しました。

まだ3月だけではありますが、前年を大きく超えてきましたので、上々の滑り出しと言ってよいでしょう。

過去の配当金との比較

下図は過去の年間配当金の推移です。コロナで大きな影響を受けた2020年もなんとか増配をキープしました。

2007年〜2020年の平均増配率が約6%ですから、この傾向が続くと仮定すれば、2021年の年間配当金は約3.08ドル/株になる見込みです。

次に2021年3月の配当金を反映させた各月ベースでの配当金推移をみてみましょう。

過去の同時期の配当金との比較では、過去最高値であった2019年の「0.6516ドル/株」を超えてきました。2021年3月の配当金は、同時期としては過去最高値を更新したことになります。

所感

まだコロナの影響があるにもかかわらず、2021年3月の配当金は同時期で過去最高値を更新しました。

6月以降の配当金がどうなるか現時点では分かりませんが、2021年は年間3ドル/株の配当を十分狙えるでしょう。

また、VYMの株価は2021年3月現在で100ドル/株を超えています。配当金だけでなく株価の上昇も期待できますので、やはり配当金生活を目指す上で欠かせない商品の1つになるでしょう。

以上ご参考になれば幸いです。

 

VYMの詳細は下記記事でもご紹介しております。

【米国高配当ETF】人気米国高配当ETFのVYMを徹底解説!米国高配当ETFの「VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)」をご存知でしょうか。 VYMは非常に安定した運用成績を上げており、米国への高配当株投資をするなら第一候補になるETFです。本記事では抜群の人気を誇るVYMの魅力や特徴をご紹介します。米国への高配当株投資を検討されている方は必見です。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA