配当金

【配当金速報】VYMの2021年9月の配当金

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)という米国高配当株ETFをご存知でしょうか?

VYMは米国の約410もの高配当銘柄へ分散投資ができる商品で、米国だけでなく日本の投資家の間でも非常に人気があります。

VYMは年4回(3月、6月、9月、12月)配当を出しますが、2021年9月の配当金が公表されました。

そこで本記事ではVYMの2021年9月の配当金を速報でお伝えするとともに、過去の配当金推移と比較していきます。

2021年6月の配当金は昨年同時期と比較して減配でした。9月の配当金はどのような結果になったでしょうか?

VYMの特徴

  • 米国の高配当銘柄約410社へ幅広く分散可能
  • 配当利回りは3%程度
  • 高配当株ETFでありながら値上がり益も狙える商品

VYMの2021年9月の配当金


2021年9月のVYMの配当金は、「0.7488ドル/株」でした。

2020年9月の配当金は「0.7053ドル/株」ですから、前年同時期との比較で約6%の増配になりました。

過去の配当金との比較

VYMの過去の年間配当金の推移を示します。

リーマン・ショックでは減配となりましたが、2011年以降は連続増配をキープしています。コロナの影響があった2020年も増配でした。

次に2021年9月の配当金を反映させた各月ベースでの推移です。

注:分配金の単位はドル/株。

2021年9月は2020年との比較では増配でしたが、コロナ前の2019との比較では減配です。

ただし、3月、6月、9月の合計で比較すれば、2019年より約4.5%、2020年より約3%上回るペースで分配されています。したがって、2021年の年間配当金は過去最高となる可能性が高いでしょう。

2021年の株価推移

次にVYMの2021年の株価推移です。

年始1月4日の株価は90.40ドル/株でしたが、9月18日時点の株価は104.86ドル/株まで上昇しています。年始から約16%も株価が上昇していることになります。

出典:Yahoo finance

まとめ

2021年9月の配当金は昨年同時期との比較で約6%の増配となりました。また、9月までの合計配当金で比較しても過去最高をキープしています。

また、VYMは株価の上昇も力強いものがあります。年始からすでに10%以上も株価が上昇しており、値上り益も狙える優良商品です。コロナ禍においても増配をキープしていますので、配当金を増やしたい方におすすめできる商品です。

以上ご参考になれば幸いです。

 

【米国高配当ETF】人気米国高配当ETFのVYMを徹底解説!米国高配当ETFの「VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)」をご存知でしょうか。 VYMは非常に安定した運用成績を上げており、米国への高配当株投資をするなら第一候補になるETFです。本記事では抜群の人気を誇るVYMの魅力や特徴をご紹介します。米国への高配当株投資を検討されている方は必見です。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA