投資・資産形成

投資するなら知っておきたい「72の法則」とは?

皆さんは「72の法則」をご存知でしょうか?

72という数字は投資をするなら是非知っておくべき数字です。

特に長期的な視点で投資をするのなら、この数字を知っておくだけで色々なシミュレーションに役立ちます。

本記事ではそんな「72の法則」について解説していきます。

72の法則は非常に便利で簡単な法則!

72の法則の概要

「72の法則」は投資元本が2倍になるのに必要なおおよその期間を容易に計算できる法則です。

計算式は以下の通り非常にシンプルです。

72÷リターン(%)=2倍になるのに必要な期間(年)

例えば、100万円を投資した場合を考えてみましょう。

投資のリターンが毎年10%続くと仮定すると、72の法則から約7年後に200万円まで資産が増えることが分かります。

72÷10=7.2(年)

このように小学生レベルの計算だけで、資産が2倍になるまでにかかる投資年月を知ることができるのです。

ただし、この計算結果はあくまでざくっとした年数を推定するものです。正確な年数を知りたい方はもう少し複雑な数式を理解する必要がありますのでご注意ください。

一般的な利回りで考えてみよう!

「72の法則」を活用すれば、現在の資産が2倍になるまでにかかる年月を容易に推定することができます。

ここでは、老後資金の確保を目的に投資信託を毎月購入しているケースを考えてみます。

1%のリターンの場合:72÷1=72年

2%のリターンの場合:72÷2=36年

3%のリターンの場合:72÷3=24年

4%のリターンの場合:72÷4=18年

5%のリターンの場合:72÷5=14.4年

6%のリターンの場合:72÷6=12年

「72の法則」で計算すると、4%以上の利回りがあれば、20年に満たない期間で資産が2倍に増える計算です。一方で、株式へ投資するインデックスファンドであれば、5~6%/年程度のリターンを狙うことは十分可能です。

この結果から、45歳で1,000万円の株式インデックスファンドを保有しているなら、その後追加投資しなくても、2,000万円近い老後資金を65歳時点で確保できる計算になります。

こう考えると、40代で1,000万円近い資産を投資しているのなら、もう追加投資の必要さえないとも考えることができます。

やはり、若いうちにある程度の資産を作ることには大きなメリットがあります。

積立投資ならシミュレーションサイトが便利

多くの方は毎月の給料から一定額を投資に回すような形で資産運用されているでしょう。

そういった方の場合、「72の法則」だけでは計算ができないため、シミュレーションのサイトを活用するのが便利です。

例えば、以下のようなサイトです。

シミュレーションサイト

出典:金融庁のHPより

積立額や投資期間などを自由に変更できますから、自分の年齢や収入などに合わせて様々なシミュレーションが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

資産運用をされているのなら「72の法則」は非常に便利ですので是非覚えておきましょう。小学生レベルの計算しか使いませんから、数学が苦手な方でも問題ありません。

個人的には「72の法則」を活用して様々なシミュレーションをしておくことをおすすめします。そうすることで目標資産などを明確に設定することができるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA