投資・資産形成

【金投資】今後は保有が必須?金ETFへの投資でインフレ対策!

「金への投資が注目を集めているのをご存じでしょうか?」

コロナショックの影響もあり、各国で現金給付が行われています。市場に大量の現金が供給されているため、お金の価値が低下するインフレが懸念されています。そんな中、注目を集めているのが金への投資です。

本記事では、最も手軽に金へ投資できる「金ETF」のおすすめ銘柄についてご紹介していきます。金への投資を検討されている方、興味のある方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

インフレ対策ばっちり!金への投資

金への投資がお勧めな理由は、「暴落に強い」、「インフレ対策になる」からです。

地球上に存在する金は限られていますので、大量に採掘されることはありません。また、人工の金を作ることも難しいと言われています。

したがって、金が大量に出回ることはなく、金の価格が下がる心配が少ないのです。

下図に過去の金価格の推移を示します。

出典:Yahoo finance

リーマンショック後やコロナショック時に金価格が上昇しており、不況時での金の強さが分かります。

また、コロナの影響で各国が大量に紙幣を刷っています。金は供給量を増やすことはできませんので、必然的に金の価格は上がっていくでしょう。

特に、老後資金などを目的に長期投資されている方は、暴落に強くインフレ対策になる金を、一定割合保有しておくことが有効です。

どうやって金へ投資すべきか?

では、金へ投資するにはどんな方法があるのでしょうか。

金へ投資する方法はいくつかありますが、一般的な個人投資家は「金ETF」の購入がおすすめです!

金へ投資する主な方法

  • 現物投資(地銀、コイン)
  • 金ETF
  • 金鉱株/金鉱株ETF

現物投資は購入単価が高く盗難のリスクもあります。また、偽物を購入してしまう可能性もあるでしょう。

金鉱株の場合は企業分析が必要ですし、金鉱株ETFは信託報酬が高いため長期保有に向いていません。

したがって、金投資の第一候補になるのは「金ETF」です。

どの金ETFがおすすめなのか?

それでは、主要な金ETFを比較していきましょう。日本の大手ネット証券で購入可能な米ドル建ての金ETFは下記3つです。

GLD IAU GLDM
設定年 2004年11月18日 2005年1月21日 2018年6月25日
株価(ドル/株) 158.44 16.11 16.83
純資産総額(百万米ドル) 56,151.49 27,404.1 3,926.04
信託報酬 0.40% 0.25% 0.18%
出来高(ドル) 7,105,228 20,354,106 1,785,027

注:2021年3月末時点の情報を基に作成

また、3つのETFのパフォーマンスを比較します。投資対象は同じですから、値動きはほぼ一緒で、パフォーマンスに大差ありません。

出典:Yahoo finance

おすすめの金ETFは「IAU」

長期保有を前提とした場合、現時点でおすすめの金ETFは「IAU」です。

「IAU」を勧める理由は下記の通りです。

IAUがおすすめな理由

  • 信託報酬がGLDより安い
  • 純資産総額及び出来高が十分ある
  • どのETFもパフォーマンスはほぼ一緒
  • 最低取引価格が低い

「IAU」は純資産総額が日本円で3兆円以上と十分あり、出来高も3つの中で一番あります。1株当たりの株価も安く、個人投資家にとっても売買しやすいでしょう。

GLDは最も純資産総額が大きいものの、信託報酬が0.4%とIAUやGLDMの2倍ほどあります。長期投資の観点から信託報酬が高いのはマイナスです。また、GLDMは信託報酬が最安値ですが、まだ新しいETFで純資産総額や出来高が低めです。

パフォーマンスはどの金ETFも同じですから、上記理由から「IAU」をおすすめします。

購入はSBI証券の定期積立がおすすめ!

金ETFを購入するなら、ネット証券大手のSBI証券がおすすめです。

SBI証券には米国株や米国ETFの定期買付サービスがありますから、コツコツ積立投資する方に適しています。毎月数株や毎週数株などの定期買付設定をして、あとは放置するのがよいでしょう。

定期買付の設定方法は下記記事でもご紹介しています。

【完全ガイド】SBI証券で米国ETFを定期買付する方法!投資信託のように米国ETFを手軽に定期買付したくありませんか? 米国ETFには信託報酬が安く、多くの資金を集めている優良ETFがたくさんあります。一方で、投資信託のように積立設定をできる金融機関は限られています。本記事では、米国ETFの定期買付が可能なSBI証券での設定手順を徹底解説します。本記事を参考にぜひ米国ETFを手軽に購入していただければ幸いです。...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世界中でお札が大量に刷られている現在の状況を考えれば、将来的なインフレの進行は避けられません。今後、金への投資は必須になってくるでしょう。

特に、金ETFであれば数千円から購入可能で、株式市場での売買も容易です。積立投資で少額からコツコツ投資をしていくのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA