投資・資産形成

2022年10月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!

一定期間、一定額において非課税で運用することができるNISA(少額投資非課税制度)は、投資をするならまず始めに活用したい制度です。

本記事では大手ネット証券のSBI証券と楽天証券の2022年10月のつみたてNISAランキングをご紹介します。

2022年9月のランキングは下記記事でもご紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

2022年9月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? 本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券の2022年9月のNISAランキングをご紹介していきます。NISAの活用を検討されている方、活用されている方はぜひ御覧ください。...

2022年10月のNISAランキング

2022年10月におけるSBI証券と楽天証券のNISAランキングは以下の通りです。

順位 SBI証券 楽天証券
1 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
3 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
5 SBI・全世界株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim先進国株式インデックス
6 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
7 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)
8 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) キャピタル世界株式ファンド
9 楽天・全米株式インデックス・ファンド iFreeレバレッジ NASDAQ100
10 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド ニッセイ外国株式インデックスファンド

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は10月のつみたてNISAの積立設定金額ランキング楽天証券は10月のNISAの積立設定金額ランキング。

SBI証券は1銘柄だけ入れ替えがありました。「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が外れて、「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」がランクインしました。

楽天証券の方も1銘柄のみ入れ替えがありました。前回10位であった「楽天レバレッジNASDAQ-100」が外れて、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が入ってきました。1位〜9位までは順位の入れ替えもありませんでした。

ランキング上位商品のご紹介

今月はSBI証券の5位にランクインした「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」をご紹介していきます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」はその名の通り全世界の株式へ投資できる投資信託で2017年に設定されました。

この投資信託は以下3つの米国ETFを投資対象にしています。

銘柄 ティッカーシンボル 基本比率
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF VT 60%
SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国)ETF SPDW 30%
SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETF SPEM 10%

 

最も比率が高いのが全世界の株式へ満遍なく投資ができるVTです。高校中退投資家TOSHIもメインで投資しているETFです。

【老後資金の確保は完了】VTをひたすら購入し続けた結果をご紹介!VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)という投資商品をご存知でしょうか? 高校中退投資家ToshiはVTへの投資で老後資金の準備を進めてきましたが、最新のVTのリターンや増配率を使用したシミュレーション結果から、すでに5,000万円以上の資産を構築できる可能性が明らかになりました。ひたすらVTへ投資するという誰でもできる投資手法です。老後が不安な方、VTへの投資を検討されている方はぜひご覧ください。...

SPDWは米国を除く先進国へ投資するETFで日本への投資割合が最も高くなっています。そして、SPEMは新興国へ投資するETFで中国、インド、台湾などへの投資割合が高いETFです。

また、信託報酬は年0.1102%(税込み)とかなり安い水準です。100 万円投資して年間たった1,100円程度の手数料で運用してもらえる計算です。

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの構成銘柄

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の構成銘柄を下表にまとめます。

トップ10はやはり米国の有名企業が並んでいます。VTの約60%が米国株への投資ですから、必然的に上位銘柄も米国の企業が入っています。アップルとマイクロソフトが3%前後と高い割合ですが、それ以外の銘柄は2%以下になっています。

順位 銘柄 比率
1 アップル 3.58%
2 マイクロソフト 2.94%
3 アルファベット 1.83%
4 アマゾン 1.65%
5 テスラ 1.18%
6 ユナイテッドヘルス・グループ 0.80%
7 バークシャー・ハサウェイ 0.78%
8 ジャンソン・ジョンソン 0.72%
9 エクソンモービル 0.62%
10 メタ・プラットフォームズ 0.53%

出典:SBI証券HPより作成(2022年9月30日時点)

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの投資国別割合

次に「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の投資国の割合を下表にまとめます。

1位の米国の割合が約6割で2位の日本は6.58%ですから、圧倒的に米国への投資割合が高いことが分かります。上位国の比率は「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の投資先であるVTとほぼ変わりません。

順位 国・地域 比率
1 米国 58.90%
2 日本 6.58%
3 英国 3.96%
4 カナダ 3.30%
5 中国 2.97%
6 スイス 2.74%
7 フランス 2.42%
8 オーストラリア 2.06%
9 インド 1.97%
10 ドイツ 1.74%

出典:SBI証券HPより作成(2022年9月30日時点)

リターン

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の2019年〜2021年のリターンを下表に示します。比較対象のために人気投資信託のeMAXIS Slimシリーズの商品も示しています。

銘柄 2019 2020 2021
SBI・全世界株式インデックス・ファンド 25.3% 8.9% 31.3%
全世界株式(オール・カントリー) 26.8% 9.0% 29.3%
米国株式(S&P500) 30.5% 10.3% 36.7%
全世界株式(除く日本) 27.5% 9.0% 30.4%
全世界株式(3地域均等型) 21.6% 8.7% 19.3%
先進国株式 28.9% 9.0% 33.5%
新興国株式 18.4% 8.8% 12.3%

比較対象になるのは投資先が同じく全世界の株式である「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」でしょう。

2019年と2020年は「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」のリターンに負けていますが、2021年は逆に「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」が若干上回っています。

しかし、両投資信託の間に大きなリターンの差はありません。リターンとしてはほぼ同じ水準と考えて問題ないでしょう。

まとめ

本記事では2022年10月のつみたてNISA人気ランキングをご紹介しました。また、SBI証券の5位にランクインした「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の詳細を解説しました。

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」は全世界の株式へ手軽に投資できる投資信託です。手数料も安く長期保有に向いている商品でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA