投資・資産形成

2022年12月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!

2022年12月 NISAランキング

NISA(少額投資非課税制度)は投資をするならまず始めに活用したい制度です。

本記事では大手ネット証券のSBI証券と楽天証券の2022年12月のつみたてNISAランキングをご紹介していきます。

2022年11月のランキングは下記記事でもご紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

2022年11月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? 本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券の2022年11月のNISAランキングをご紹介していきます。NISAの活用を検討されている方、活用されている方はぜひ御覧ください。...

2022年12月のNISAランキング

2022年12月におけるSBI証券と楽天証券のNISAランキングは以下の通りです。

順位 SBI証券 楽天証券
1 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
3 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
5 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim先進国株式インデックス
6 eMAXIS Slim全世界株式(除く日本) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
7 SBI・全世界株式インデックス・ファンド iFreeレバレッジ NASDAQ100
8 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天レバレッジNASDAQ-100
9 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)
10 ニッセイ外国株式インデックスファンド キャピタル世界株式ファンド

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は12月のつみたてNISAの積立設定金額ランキング楽天証券は12月のNISAの積立設定金額ランキング。

SBI証券は1銘柄だけ入れ替えがありました。先月のランキングから「SBI・先進国株式インデックス・ファンド」が外れて「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」がランクインしました。

楽天証券の方は1位〜6位まで順位の変動はありませんでした。先月のランキングからは2銘柄入れ替えがあり、「楽天レバレッジNASDAQ-100」と「iFreeレバレッジ NASDAQ100」が再びランクインしました。

ランキング上位商品のご紹介

2022年12月 NISAランキング今月は楽天証券の6位にランクインした「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」をご紹介していきます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は、世界的な資産運用会社であるバンガード社の以下3つ(VT、VTI、VXUS)の商品へ投資するファンドです。

ティッカーコード 投資対象 管理報酬等 投資割合
VT 全世界株式 0.07% 86.1%
VTI 米国株式 0.03% 6.7%
VXUS 全世界株式(米国除く) 0.07% 5.6%

注:2022年7月29日時点の情報を基に作成

ファンド名に「全世界株式」とある通り、もともとは全世界の株式へ投資するVTのみを投資対象にしていました。

しかし、途中で運用方針を変更してVTIとVXUSへも一定割合投資するようになりました。ただし、割合としては両方合わせて10%程度と少なめです。

ネット証券などを通じてVT、VTI、VXUSを直接購入することも可能です。しかし、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」であれば、日本円で少額から購入することができます。

2022年末時点で2,000億円以上の資産を集めている人気ファンドです。また、信託報酬も約0.2%と安い部類に入りますので長期保有にも適しています。

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の構成銘柄

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が主に投資するVTの構成銘柄についてご紹介します。

「全世界株式」へ投資する銘柄であるものの、トップ10は全て米国の会社です。やはり世界経済の中心である米国の割合が高くなっています。

1位のアップルで3%程度で、S&P500に投資するVOOや全米株式へ投資するVTIと比較するとトップ10の企業の割合は低めです。

順位 銘柄 比率
1 アップル 3.35%
2 マイクロソフト 2.82%
3 アマゾン 1.27%
4 アルファベット Class A 0.92%
5 アルファベット Class C 0.79%
6 ユナイテッドヘルス・グループ 0.76%
7 テスラ 0.73%
8 バークシャー・ハサウェイ 0.70%
9 ジャンソン・ジョンソン 0.69%
10 エクソンモービル 0.69%

注:2022年11月30日時点の情報を基に作成

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の国別投資割合

次にVTの国別の投資割合を下表に示します。

こちらも米国の比率が60%と大多数を占めます。2位以下の割合は低く、2位の日本でも約6%しかありません。

順位 国・地域 比率
1 米国 60.00%
2 日本 6.10%
3 イギリス 4.00%
4 中国 3.30%
5 カナダ 3.10%
6 フランス 2.60%
8 スイス 2.30%
9 オーストラリア 2.20%
10 ドイツ 1.90%

注:2022年11月30日時点の情報を基に作成

リターン

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」のリターンを下表に示します。比較対象のために人気投資信託のeMAXIS Slimシリーズのリターンも示しています。

銘柄 2019 2020 2021
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 25.8% 8.9% 32.0%
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 26.8% 9.0% 29.3%
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 30.5% 10.3% 36.7%

当然ではありますが、投資対象が近い「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」とは同程度のリターンです。S&P500と比較すると若干見劣りするものの、十分なリターンが期待できると言ってよいでしょう。

その他

実は「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」とほぼ同じコンセプトの商品に、SBI証券の5位に入っている「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」があります。

銘柄 設定日 管理費用 純資産
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 2017年9月29日 0.199% 2,226億円
SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド 2022年1月31日 0.1338% 166億円

注:2022年12月末時点の情報を基に作成

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」は運用実績が短く純資産額が少ないものの、管理費用の安さには魅力があります。また、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」とは違いVTのみへの投資です。

信託報酬の安さを取るなら「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」を選択するのもありでしょう。

2022年2月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? 本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券の2022年2月のNISAランキングをご紹介していきます。NISAの活用を検討されている方、活用されている方はぜひ御覧ください。...

まとめ

本記事では2022年12月のつみたてNISA人気ランキングをご紹介しました。また、楽天証券の6位にランクインした「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の詳細を解説しました。

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は全世界の株式へ手軽に投資ができる商品です。

米国への投資割合が大半を占めるものの、全世界へ分散投資したい方にとっては選択肢の1つになるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA