投資・資産形成

2022年11月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!

一定期間、一定額において非課税で運用することができるNISA(少額投資非課税制度)は、投資をするならまず始めに活用したい制度です。

本記事では大手ネット証券のSBI証券と楽天証券の2022年11月のつみたてNISAランキングをご紹介していきます。

2022年10月のランキングは下記記事でもご紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

2022年10月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? 本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券の2022年10月のNISAランキングをご紹介していきます。NISAの活用を検討されている方、活用されている方はぜひ御覧ください。...

2022年11月のNISAランキング

2022年11月におけるSBI証券と楽天証券のNISAランキングは以下の通りです。

順位 SBI証券 楽天証券
1 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
3 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
5 SBI・全世界株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim先進国株式インデックス
6 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
7 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)
8 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)
9 ニッセイ外国株式インデックスファンド キャピタル世界株式ファンド
10 SBI・先進国株式インデックス・ファンド ニッセイ外国株式インデックスファンド

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は10月のつみたてNISAの積立設定金額ランキング楽天証券は10月のNISAの積立設定金額ランキング。

SBI証券は先月のランキングから2銘柄入れ替えありました。赤字で示した「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と「SBI・先進国株式インデックス・ファンド」がランクインしています。

楽天証券の方は「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」が新しくランクインしています。

ランキング上位商品のご紹介

今月は楽天証券の7位にランクインした「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」をご紹介していきます。

TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」はS&P500配当貴族指数に連動するように設計された商品です。なお、2022年10月末に設定されたばかりの新しい投資信託です。

「S&P500配当貴族指数」とは米国の優良銘柄で構成されるS&P500指数の中から、連続増配している企業を選定して構成された指数です。

S&P500:米国の優良500銘柄で構成

配当貴族:25年以上連続増配している銘柄

2022年7月末時点で64銘柄がS&P500配当貴族指数の対象になっています。厳選された64銘柄と言ってよいでしょう。

2000年以降のデータでは、「S&P500配当貴族指数」は世界最強と言われる「S&P500指数」のリターンを上回っています

信託報酬も0.1155%とかなり安い水準ですので、長期保有にも適しています。

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」の構成銘柄

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」の構成銘柄を下表にまとめます。

1位の「Air Products & Chemicals Inc」は産業用ガスなどを販売する会社、2位の「Expeditors Intl of WA Inc」は貨物輸送の会社です。

AppleやAmazonといったS&P500指数の上位によく登場する銘柄は10位以内に入っていません。

順位 銘柄 セクター
1 Air Products & Chemicals Inc 素材
2 Expeditors Intl of WA Inc 資本財
3 Caterpillar Inc 資本財
4 Linde plc 素材
5 PPG Industries Inc 素材
6 T Rowe Price Group Inc 金融
7 Walgreens Boots Alliance Inc 生活必需品
8 Federal Realty Invt Trust 不動産
9 A.O. Smith Corp 資本財
10 Atmos Energy Corp 公共事業

注:2022年11月30日時点の情報を基に作成

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」のセクター

次に「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」のセクター別の割合についてご紹介します。

不況にも強い生活必需品が1位で20%以上を占めます。一方で、資本財や素材などの景気敏感セクターも2位と3位に入っているのは面白いところです。そういったセクターの銘柄であるにもかかわらず、25年以上も増配しています。

順位 セクター 比率
1 生活必需品 21.8%
2 資本財 19.2%
3 素材 12.8%
4 金融 11%
5 ヘルスケア 10.3%
6 一般消費財 7.7%
7 公共事業 4.9%
8 情報技術 4.8%
9 不動産 4.5%
10 エネルギー 3%

注:2022年11月30日時点の情報を基に作成

リターン

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」は10月末に設定されたばかりであるため、「S&P500配当貴族指数」のリターンをご紹介します。また、比較対象のために人気投資信託のeMAXIS Slimシリーズのリターンも示しています。

銘柄 2019 2020 2021
TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式) 26.4% 0.3% 40.6%
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 26.8% 9.0% 29.3%
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 30.5% 10.3% 36.7%

「S&P500配当貴族指数」は2021年はS&P500に4%近く勝っています。一方で、2019年は全世界株との比較でも負けています。

まとめ

本記事では2022年11月のつみたてNISA人気ランキングをご紹介しました。また、楽天証券の7位にランクインした「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」の詳細を解説しました。

「TracersS&P500配当貴族インデックス(米国株式)」は配当貴族指数という長年増配している企業へ投資ができる商品です。過去のデータからはS&P500指数のリターンを上回っており、面白いコンセプトの商品でしょう。

もちろん今後リターンが勝ち続けるとは限りませんが、投資対象の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA