海外投資

【続々上場】フィリピンREITが大盛況!

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

日本から4時間程度で行ける国フィリピンでは、REIT(不動産投資信託)市場に活気があります。

将来有望?フィリピンREITの魅力を考察!フィリピンで第1号となるREITが上場したのをご存知でしょうか? REIT(Real Estate Investment Trust)は不動産投資信託のことで、不動産への投資から得られる賃料収入などを分配金として投資家へ還元する仕組みで成り立っています。本記事では、2020年に誕生したフィリピンREITの魅力についてご紹介していきます。海外投資、不動産投資に興味がある方は是非ご覧ください。...

フィリピンは日本と違い人口増加の著しい国ですから、将来的な不動産市場の成長が期待できるのです。

本記事ではそんなフィリピンでどんなREITが上場しているのか、その現状についてご紹介していきます。

続々と登場するフィリピンREIT!

そもそもREITとは日本語で「不動産投資信託」のことを指します。

投資家から広くお金を集めて、その資金を活用して不動産の開発などを行います。そして、そこから得られる利益(テナント料)などを株主に還元する形で成り立っています。

最近までフィリピンにはREITがありませんでしたが、2020年にフィリピンで初となるREITが誕生しました。それが「AREIT」です。

このAREITが誕生してから2年弱が経過しましたが、以下の通り続々とREITが上場しています。

銘柄 ティッカーシンボル 上場日
Areit, Inc. AREIT 2020年8月
DDMP Reit, Inc. DDMPR 2021年3月
Filinvest Reit, Corp. FILRT 2021年8月
RL Commercial REIT, Inc. RCR 2021年9月
Mreit, Inc. MREIT 2021年9月
Citicore Energy REIT Corp. CREIT 2022年2月

以下では各REITの概略について説明していきます。

Areit, Inc. (AREIT)

AREITはフィリピンで第1号になるREITで、2020年8月に上場しました。

AREITを運用するのは、フィリピンの大手財閥であるアヤラグループです。アヤラグループは不動産に強みのある財閥として有名です。

以下記事でご紹介したとおり、上場以来株価も好調ですし、配当利回りもそれなりに高い状態をキープしています。

【フィリピン株投資】上場から1年!AREITの配当実績と株価推移!フィリピン初のREITである「AREIT」は、2021年8月の上場から1年が経過しました。 本記事ではこの1年間のフィリピンREIT(AREIT)の値動きや配当実績などについてご紹介していきます。フィリピン株投資に興味のある方はぜひご覧ください。...

上場から2022年の年始までの株価は右肩上がりで上昇しました。

AREIT株価推移出典:Investing.com

DDMP Reit, Inc. (DDMPR)

DDMPRはフィリピンの大手不動産開発会社である「ダブルドラゴン・プロパティーズ」のREITです。

このREITはマニラに位置する「DD Meridian Park」というエリアを保有しています。この中には、DoubleDragon Plaza、DoubleDragon Center East、DoubleDragon Center Westなどの商業施設があり、様々な企業のオフィスが入っています。

上場以降の株価推移を示します。残念ながら、株価は低迷気味です。

DDMPR株価推移

出典:Investing.com

Filinvest Reit, Corp. (FILRT)

FILRTはFilinvestという不動産開発会社のREITです。

Filinvestもフィリピンで大手の不動産開発業者です。FILRTの投資対象はオフィスビルがメインで、2月末時点で17のオフィスビルを保有しています。

株価推移は以下のようになっています。

FILRT株価推移

出典:Investing.com

RL Commercial REIT, Inc. (RCR)

RCRはRobinsons Land Corp.のREITです。フィリピンで指折りの財閥であるゴコンウェイ財閥の企業です。

【フィリピン株投資】幅広い事業を展開するゴコンウェイ財閥を徹底解説!フィリピン株投資をするなら財閥について理解しておくことは必須です。なぜなら、フィリピンの主要企業の多くは財閥関連の企業だからです。本記事では、フィリピンの大手財閥である「ゴコンウェイ財閥」についてご紹介します。フィリピン株への投資を検討されている方はぜひご覧ください。...

こちらのREITもオフィスビルなどを中心に15の施設を保有しています。

RCRの株価推移は以下の通りですが、まだ上場から半年程度です。

RCR株価推移

出典:Investing.com

Mreit, Inc. (MREIT)

MREITはアンドリュー・タン財閥の不動産会社(メガワールド)のREITです。2月末時点で10のオフィスビルや商業施設を保有しています。

株価推移を以下に示します。こちらも上場から半年程度で株価推移の傾向はまだ分かりません。

MREIT株価推移

出典:Investing.com

Citicore Energy REIT Corp. (CREIT)

CREITは2022年2月に上場したばかりの新しいREITです。

CREITはこれまでご紹介してきたREITとは違い、再生可能エネルギー関連の施設へ投資するREITです。例えば、太陽光発電施設などで、フィリピン国内に8つの施設を保有しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フィリピンでは続々とREITが誕生していることがお分かりになったと思います。特に大手の不動産会社はこぞってREITを上場させています。

また、オフィスビルだけでなくCREITのような銘柄も出てきており、選択肢も増えてきました。フィリピンREITは今後ますます活性化していくでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA