海外投資

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年1月版

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

高校中退投資家Toshiは世界中でビジネスを展開する「HSBC香港」に銀行口座を保有しています。本記事ではそんなHSBC香港の2022年1月の人気ファンドをご紹介します。

なお、2021年12月の人気ファンドは下記記事でご紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2021年12月版本記事では世界的な銀行であるHSBC香港の2021年12月人気ファンドをご紹介します。 HSBC香港の口座を保有されている方、海外投資に興味のある方はぜひご覧ください。...

HSBC香港おすすめ人気ファンド2022年1月版

HSBC香港の2022年1月の人気ファンドは以下の通りです。

赤字で示した4つのファンドが2022年1月に新たにランクインしました。株式へ投資するファンドが2つとマルチアセットのファンドが2つです。

2022年1月の人気ファンド

HSBC カテゴリー ファンド名
Global Equity Blackrock Systematic Global Equity High Income Fund
Global Equity AB – Low Volatility Equity Portfolio
Asia Pacific Ex-Japan Equity – Broad JPMorgan Asia Equity Dividend
Specialised Sector Equity JPM US Technology
Global Fixed Income JPM INCOME FUND
Multi-Asset – US HSBC GIF- US INCOME FOCUSED
Multi-Asset – Asia Schroder Asian Asset Income Fund
Multi-Asset – Global JPMorgan Multi Income 
Multi-Asset – Global HSBC Portfolios – World Selection 3
Short Duration Fund HSBC Global Money Funds
Short Duration Fund ULTRA SHORT DURATION BOND

出典:HSBC香港HPより作成

今月のランキングでは株式へ投資するファンドが4つ、株式と債券の両方へ投資するマルチアセットの商品が4つと多くなっています。

人気ファンドのご紹介

今月は新規にランクインした「JPM US Technology」について、商品の詳細をご紹介していきます。

JPM US Technology

「JPM US Technology」は米国のテクノロジー関連の企業へ投資する商品です。株価の上昇を狙う商品で、配当はほとんど出しません。

2022年1月末時点の投資銘柄数は63銘柄と少なめです。テクノロジーセクターだけでなく、通信サービスと一般消費財にも合計で25%以上投資しています。

また、1997年から運用されており運用実績としては十分な期間があります。購入手数料は3%、ファンドマネージャーへ支払う手数料(Management fee)は1.5%です。

投資銘柄

「JPM US Technology」が投資する銘柄のトップ10を下表に示します。

上位銘柄にはTesla、Alphabet、Meta Platformsなどの有名企業が名を連ねています。テクノロジー関連企業に特化していることもあり、半導体のAdvanced Micro Devices、ソフトウェアの開発などを手掛けるSynopsysなども上位に入っています。

No. 銘柄 割合
1 Tesla 5.0%
2 Advanced Micro Devices 4.4%
3 Alphabet 4.4%
4 Synopsys 3.1%
5 Nvidia 2.8%
6 Meta Platforms 2.8%
7 Apple 2.3%
8 Lam Resh 2.3%
9 MonogoDB 2.3%
10 Enphase Energy 2.2%

           注:2021年11月末時点のデータを基に作成

投資セクターの割合

次に投資セクターの割合についてです。

半導体とソフトウェアの割合がそれぞれ30%以上と高くなっています。しかし、インターネットにも20%、ハードウェアにも10%を投資しており、ある程度バランスは取れていると言ってよいでしょう。

No. セクター 割合
1 半導体 32.2%
2 ソフトウェア 30.5%
3 インターネット 20.5%
4 ハードウェア 10.1%
5 ITサービス 3.8%

                注:2021年11月末時点

リターン

2022年2月18日時点において、1年リターンは17%以上のマイナスです。一方で、3年リターンは25.71%/年、5年リターンは26.66%/年、10年リターンは18.41%/年とかなり高いパフォーマンスを出しています。

この10年で急速に基準価額を上昇させてきたものの、2021年の年末当たりから大きく低下している状況です。

暴落時の影響

2020年3月のコロナショックでは基準価額が約32%も下落しました。株式を対象とする商品ですから、暴落時にはこれくらいの下落は覚悟しなければいけません。

コロナショック以降は基準価額を大きく上昇させており、2020年3月との比較では、現在の基準価額は倍以上になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では2022年1月のHSBC香港の人気ファンドランキングをご紹介しました。また、ランキング上位の「JPM US Technology」について詳細をご紹介しました。

「JPM US Technology」は米国のテクノロジー系の企業を中心に投資する商品です。10年リターンは18%/年という高いリターンを記録しています。

一方で、昨年末から基準価額は停滞気味です。購入を検討される場合はその点も考慮の上、選定いただければと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA