海外投資

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年8月版

せっかくHSBC香港に口座を開設したのにうまく活用できず悩んでいませんか?

HSBC香港は世界的に有名な銀行です。世界各国に支店がありますので、海外で生活されている方や将来海外での生活を考えている方の中には、口座開設を済ませている方もいるかもしれません。

一方で、HSBC香港で販売されている投資商品は多岐に渡るため、どの商品へ投資すればよいか迷ってしまうのも事実です。

そこで、本記事ではHSBC香港で販売されている人気ファンド(2022年8月)をご紹介していきます。本記事を読むことでHSBC香港でどんな商品が売られているのか理解することができるはずです。

なお、2022年7月の人気ファンドは下記記事でご紹介しています。

【HSBC香港】おすすめ人気ファンド 2022年7月版本記事では世界的な銀行であるHSBC香港の2022年7月人気ファンドをご紹介します。 また、ランキング上位の「JPMorgan Multi Income」というファンドの詳細についてもご紹介していきます。HSBC香港の口座を保有されている方、海外投資に興味のある方はぜひご覧ください。...

HSBC香港おすすめ人気ファンド2022年8月版

HSBC香港の2022年8月の人気ファンドは下表の通りです。

今月は人気銘柄にいくつか入れ替えがありました。赤字で示した4つのファンドが新しくランキングに入ってきました。

2022年8月の人気ファンド

HSBC カテゴリー ファンド名
Domestic Equity – China JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE
Global Equity – Broad BLACKROCK SYSTEMATIC GLOBAL EQUITY HIGH INCOME FUND 
US Fixed Income AB – American Income Portfolio
Multi-AssetUS HSBC GIF- US INCOME FOCUSED
Multi-Asset – Asia HSBC COLLECTIVE INVESTMENT TRUST-HSBC CHINA MULTI-ASSET INCOME
Multi-Asset – Global HSBC Portfolios – World Selection 1
Multi-Asset – Global JPMorgan Multi Income
Short Duration Fund HSBC Global Money Funds
Short Duration Fund HSBC GIF – ULTRA SHORT DURATION BOND

出典:HSBC香港HPより作成

カテゴリー別ではマルチアセット(株式と債券の両方へ投資)の商品が4つで最も多くなっています。

中国や米国などの個別の国を対象にするものから世界全体へ投資するものまで幅広い銘柄がランクインしています。

人気ファンドのご紹介

ここでは今月新規にランクインした「JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE」について商品の詳細をご紹介していきます。

JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE

「JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE」は長期的な株価上昇を目指して中国の株式へ投資するファンドです。株式の銘柄数は約100と少なめです。

なお、基本的には株式への投資がメインではありますが、債券も約6%と若干保有しています(2022年7月末時点)。

購入手数料は3%、ファンドマネージャーへ支払う手数料(Management fee)は1.75%です。

株式の投資銘柄

「JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE」が投資する上位銘柄を下表に示します。

No. 銘柄 割合
1 Tongwei Co Ltd 3.32%
2 Contemporary Amperex Technology Co Ltd 3.18%
3 LONGi Green Energy Technology Co Ltd 3.03%
4 Wuliangye Yibin Co Ltd 2.59%
5 NARI Technology Co Ltd 2.55%
6 China Yangtze Power Co Ltd 2.44%
7 Shanghai Baosight Software Co Ltd 2.38%
8 China Merchants Bank Co Ltd 2.19%
9 Shenzhen Inovance Technology Co Ltd 2.05%
10 Inner Mongolia Yili Industrial Group Co Ltd 2.03%

     注:2022年7月末時点のデータを基に作成

中国企業への投資だけあって上位銘柄は馴染みの薄い銘柄が並んでいます。

1位の「Tongwei Co Ltd」は太陽光発電事業や飼料の販売や生産などを手掛ける会社です。2位の「Contemporary Amperex Technology Co Ltd」は電気自動車用電池のメーカー、3位の「LONGi Green Energy Technology」はソーラーパネルのメーカーです。

なお、各銘柄の割合自体は高くなく、1位の「Tongwei Co Ltd」でも3%程度しかありません。

株式の投資セクターの割合

次に株式の投資セクターの割合を下表に示します。

1位の資本財と2位のテクノロジーが約20%と割合が高くなっています。また、3位の生活必需品も15%と割合は高めです。

No. セクター 割合
1 資本財 20.81%
2 テクノロジー 19.65%
3 生活必需品 15.16%
4 ヘルスケア 8.64%
5 金融 8.62%
6 一般消費財 8.06%
7 不動産 3.59%
8 素材 3.57%
9 公共事業 3.18%

               注:2022年7月末時点のデータを基に作成

リターン

2022年9月13日時点におけるリターンは以下の通りです。

1年リターン:-25.53%

3年リターン:+7.91%

5年リターン:+6.98%

10年リターン:+10.06%

1年リターンではマイナス25%とここ最近は基準価額が大きく下落しています。一方で、10年リターンは10%以上のリターンがあります。過去10年間に渡って大きく基準価額を上昇させてきたファンドであると言えます。

まとめ

本記事では2022年8月のHSBC香港の人気ファンドランキングをご紹介しました。また、「JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE」という銘柄の詳細をご紹介しました。

「JPMORGAN CHINA PIONEER A-SHARE」は長期的な値上り益を目指して中国の株式へ投資する商品です。上位銘柄は馴染みのない企業が多いかもしれませんが、その分野で世界シェアが高い企業も多く含まれています。

10年リターンでも10%を超えています。新興国の株式を保有していない人にとっては面白いファンドになるかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA