投資・資産形成

2021年12月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!

こんにちは、高校中退投資家Toshiです!

みなさんはNISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか?

NISAは投資をするならまず始めに活用したい制度の1つです。一定期間、一定額において、投資にかかる税金をなくすことができるからです。

本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券で、NISAでどのような商品が購入されているのかご紹介していきます。

2021年11月のランキングでは以下記事でもご紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

2021年11月におけるNISAの投資信託ランキングをご紹介!NISA(少額投資非課税制度)を活用して資産形成をされていますか? NISAは投資をするならまず始めに活用を検討したい制度です。一定期間、一定額において、投資にかかる税金がかからないからです。本記事では大手ネット証券であるSBI証券と楽天証券において、NISAでどのような商品が購入されているのかご紹介していきます。NISAを活用しようとされている方、どの商品を購入するか検討されている方は必見です。...

2021年12月のNISAランキング

以下に2021年12月におけるSBI証券と楽天証券のNISAランキングを示します。

順位 SBI証券 楽天証券
1 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
2 eMAXIS Slim 米国株式(S$P500) 楽天・全米株式インデックス・ファンド
3 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
4 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 楽天レバレッジNASDAQ-100
5 SBI・全世界株式インデックス・ファンド iFreeレバレッジ NASDAQ100
6 楽天・全米株式インデックス・ファンド eMAXISSlim全世界株式(除く日本)
7 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) eMAXISSlim先進国株式インデックス
8 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
9 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) eMAXIS NASDAQ100インデックス
10 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド キャピタル世界株式ファンド

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は12月のつみたてNISAの積立設定金額ランキング、楽天証券は12月のNISAの積立設定金額ランキング。

両社のランキングは2021年11月のランキングと概ね変わっていません。

ランキング上位の商品は基本的にどれも良い商品ばかりです。信託報酬は0.1%/年程度と投資信託の最安レベルで、全世界や米国を投資対象にするインデックスファンドです。

老後資金を目的にコツコツと長期的に積み立てるのなら、ランキング上位の商品を選んでおけばまず間違いないでしょう。

ただし、楽天証券の4位〜5位はレバレッジ型の商品です。他の商品にくらべて値動きが大きく信託報酬も高いため、長期積み立てには向きません。

ランキング上位商品のご紹介

それではランキング上位の銘柄についてご紹介していきます。

今月は楽天証券の10位にランクインした「キャピタル世界株式ファンド」です。楽天証券のみにランクインした商品です。

キャピタル世界株式ファンド

「キャピタル世界株式ファンド」は、主に世界各国の株式へ投資する商品です。

実際には「キャピタル・グループ・ニューパースペクティブ・ ファンド(LUX)(クラスC)」という全世界の株式へ投資しています。この商品を購入することで、間接的に世界中の株式を保有しているのです。

2007年から運用されている歴史のある投資信託で、1月6日時点で約2,700億円の純資産額があります。

一方で、この商品の信託報酬は1.7%/年とめちゃくちゃ高いです。同じ全世界の株式へ投資する商品でも0.1%程度で購入できるものがありますので、それらと比較すると実に10倍以上も手数料が高いことになります。

投資銘柄

キャピタル世界株式ファンドの投資先である「キャピタル・グループ・ニューパースペクティブ・ ファンド(LUX)(クラスC)」の投資銘柄を下表に示します。

Teslaの割合が7%とかなり高くなっているのが特徴でしょう。銘柄数としては約330銘柄で構成されています。

順位 銘柄 構成比
1 Tesla Inc 7.08%
2 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co Ltd 3.01%
3 Amazon.com Inc. 3.00%
4 Meta Platforms Inc. Class A 2.90%
5 Microsoft Corporation 2.84%
6 Mastercard Inc. Class A 1.53%
7 JP Morgan Chase & Co. 1.50%
8 ASML Holding NV 1.44%
9 Netflix Inc. 1.38%
10 Paypal Holdings Inc. 1.30%

注: 2020年12月末時点のデータ

リターン

肝心のキャピタル世界株式ファンドのリターンを確認してみましょう。

以下に示す通り、1年が30%/年、3年で27%/年、5年で18%/年と高いリターンを記録しています。

キャピタル世界株式ファンドのリターン

  • 1年:30.56%
  • 3年:27.69%(年率)
  • 5年:18.06%(年率)

注:2021年12月末のデータ

投資先が同じ全世界の株式である「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」や「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と同じかそれ以上のリターンになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事ではSBI証券と楽天証券のNISAの投資信託ランキングをご紹介しました。また、楽天証券の10位にランクインした「キャピタル世界株式ファンド」の詳細についてご紹介しました。

「キャピタル世界株式ファンド」は信託報酬が高いものの、かなり高いリターンを記録しています。ただ、今後もこのようなリターンを継続できるかは誰にも分かりません。やはり信託報酬の低いインデックスファンドがおすすめです。

ランキング上位の商品は楽天証券にレバレッジ型の商品が含まれていますが、それ以外はどれも優良な商品ばかりです。ランキングを参考にNISAを活用して資産形成をしていきましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA