投資・資産形成

米国ETF週間売買ランキングを考察(2022年8月)

こんにちは、高校中退投資家TOSHIです!

優良商品がたくさんある米国ETFへの投資に興味はありませんか?

本記事ではネット証券大手のSBI証券と楽天証券の米国ETFランキング(2022年8月末時点)をご紹介します。

SBI証券と楽天証券の人気米国ETFの違いやランキング上位の商品について解説しますので、商品選定の参考にしていただければ幸いです。

なお、2022年7月末時点の米国ETFランキングは下記記事でご紹介していますので、興味のある方はこちらもご覧ください。

米国ETF週間売買ランキングを考察(2022年7月)本記事ではネット証券大手のSBI証券と楽天証券の2022年7月の米国ETFランキングをご紹介します。また、ランキング上位のWEBSというインターネット関連企業へ投資するETFの詳細をご紹介します。米国ETFの購入を検討されている方、保有されている方は必見です。...

2022年8月の米国ETF週間売買ランキング

SBI証券と楽天証券の2022年8月末時点の週間売買ランキングは以下の通りです。

順位 SBI証券 楽天証券
1 Direxionデイリー半導体株ベア3倍ETF(SOXS) Direxion デイリー 半導体株 ベア 3倍 ETF (SOXS)
2 Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL) Direxionデイリー半導体株ブル3倍ETF (SOXL)
3 Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS) バンガード S&P 500 ETF (VOO)
4 バンガード S&P 500 ETF (VOO) バンガード トータルストックマーケットETF (VTI)
5 Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL) インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF (QQQ)
6 Direxionデイリーテクノロジー株ベア3倍ETF (TECS) Direxion デイリー テクノロジー株 ベア 3倍 ETF (TECS)
7 DirexionデイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL) Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF (SPXL)
8 iシェアーズ 米国短期国債 ETF (SHV) Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)
9 バンガード 米国グロースETF (VUG) Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF (TECL)
10 バンガード トータルストックマーケットETF (VTI) Direxion デイリー ダウ・ジョーンズ・インターネット ベア3倍 ETF (WEBS)

出典:SBI証券HP及び楽天証券HPより作成。SBI証券は8/22~8/26楽天証券は8/21~8/27の週間売買代金ランキング。

SBI証券ではランキング上位の常連であるQQQが10位以下へと転落しました。代わりに米国のグロース株へ投資するVUGがランクインしています。

楽天証券の方は先月のランキングから銘柄の入れ替えはありませんでした。

赤字で示した2銘柄ずつが片方のランキングにしか含まれていない銘柄です。SBI証券はSHVとVUG、楽天証券はQQQとWEBSです。

ランキング上位の商品のご紹介

今月はSBI証券の9位にランクインしたVUGという米国ETFについてご紹介していきます。

  • バンガード 米国グロースETF (VUG)

バンガード 米国グロースETF (VUG)

「バンガード 米国グロースETF (VUG)」は米国の大型グロース株(成長株)へ投資するETFです。

グロース株とは今後株価の成長が見込めるであろう株式で、昨今で言えばテクノロジー系の株式が当てはまるでしょう。したがって、配当よりは株価の値上り益を目指すETFです。

VUGは2004年から運用されている歴史のあるETFです。2022年7月末時点で純資産はなんと10兆円以上もあり、この金額は米国ETFで10位以内に入ります。

投資銘柄

VUGの具体的な投資銘柄を確認していきましょう。

VUGは約260銘柄で構成されていますが、下表に示すトップ10の銘柄だけで50%以上を占めます。

特にAppleやMicrosoftは10%以上の構成比となりますので、この点は頭に入れておく必要があるでしょう。

順位 銘柄 構成比
1 Apple Inc. 12.7%
2 Microsoft Corp. 11.6%
3 Alphabet Inc. 7.5%
4 Amazon.com Inc. 5.5%
5 Tesla Inc. 3.6%
6 META Platforms Inc. 2.2%
7 NVIDIA Corp. 2.2%
8 Visa Inc. 1.9%
9 Home Depot Inc. 1.7%
10 Mastercard Inc. 1.7%

注: 2022年6月末時点の情報を基に作成

セクター別の割合

次にVUGのセクター別の割合を下表にまとめます。

テクノロジー株が約50%と高い割合になっています。また、2位の一般消費財も20%以上を占めます。1位〜5位のセクターで90%以上を超えています。

順位 セクター 構成比
1 テクノロジー 48.6%
2 一般消費財 22.4%
3 資本財 10.7%
4 ヘルスケア 7.8%
5 不動産 2.9%

注: 2022年6月末時点の情報を基に作成

株価推移

そして肝心のVUGの株価推移を見てみましょう。

比較対象のために米国の優良企業500社を集めたS&P500指数に連動するVOOの推移も一緒に示します。

赤色のVUGの方がリターンが大きいことが分かります。5年、10年のリターンで見てもVUGはVOOを上回るリターンを見せています。

VUG株価推移_220830典:Yahoo finance

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年8月末のSBI証券と楽天証券の米国ETFランキングをご紹介しました。また、米国のグロース株へ投資するVUGという商品の詳細をまとめました。

VUGはテクノロジー系の企業への投資割合がかなり高く、またAppleやMicrosoftへの投資割合が各々10%を超えています。一部の銘柄への投資割合が高い点には注意が必要です。

一方で、ここ10年はS&P500へ投資するVOOよりも高いリターンを記録しています。ポートフォリオにVUGを一定割合加えてみるのも面白いかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA